自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【まとめ】エブリィワゴンにイレクターパイプを使ってロッドホルダーをDIY!

アフィリエイトを使用しています。

釣り車関連
moto
moto

僕でもできたよ

どうもmotoです。

ブログには書いていませんでしたが、車を増車して釣り専用の車を購入しました。

スズキのエブリーですがかなり釣り専用の車には最高です。

ともあれ、DIYをしようとしてまずはロッドホルダーを作りました!

中々思い通りのようにイメージができなかったので、InstagramやYouTubeで調べてイメージを作ったりした結果、イレクターパイプを使って作るのが一番安くて簡単ってことが判明しました。

勿論、既存のロッドホルダーを購入すれば早いのですが金額がかなり高いので中々手が出せないなぁと思っていました。

イレクターパイプを使用すると、なんと1万円以内で制作することができました。

これから、イレクターパイプでロッドホルダーを作ろうと思っている方の参考になればと思います。

YouTubeはこちら↓

スポンサーリンク

準備するもの

準備するものは

  • イレクターパイプ120㎝✖️2
  • イレクターパイプ90㎝✖️2
  • イレクターパイプ60㎝【15㎝カット✖️4】
  • HJ1✖️4
  • HJ7✖️4
  • J 59A✖️2
  • J59C✖️2
  • J110✖️4
  • Seria ロッドホルダー✖️3
  • Seria 防水用クッション✖️1
  • イレクターパイプアタッチメント✖️4【画像には載っていません】

とりあえず上記のものを準備しました。イレクターパイプの部品に関しては品名を記載しています。

DIY開始

手すりを取り外す

まず、後部座席の手すりを取り外します。取り外すには、プラスドライバーで簡単に取り外すことができます。

取り外したら、イレクターパイプアタッチメントを取り付けます。

これを軽く仮止めしてから、締めていきます。

イレクターパイプとジョイントパーツを取り付け

 

イレクターパイプ120㎝✖️2とジョイントパーツをはめ込みます。

これを先ほどのアタッチメントに取り付けます。

しっかり取り付けてこれでイレクターパイプの取り付けが完成です。

プラスチックジョイント取り付け

プラスチックジョイントとイレクターパイプ15センチを取り付けます。

角度は、後ほど調整するので気にしなくて大丈夫です。

可動式メタルジョイント取り付け

可動式メタルジョイントを先ほどのプラスチックジョイント部分に取り付けます。

イレクターパイプ取り付け

可動式メタルジョイントにイレクターパイプ90㎝を取り付けます。

左右対称になるようにしてセットして、ボルトを締め付けます。

運転席側を少し低くして後部座席側を高くすることで、ロッドを乗せた時に安定させることができます。

Seria ロッドホルダーにクッションを装着

防水テープをロッド固定部分に合わせてカットして取り付けます。不必要の可能性もありますが、これをつけることで運転中にカタカタと音をなるのを防ぐことができます。

ただ、これをつけることによりロッドのグリップ部分が乗せにくいですがしっかりと固定もすることができます。

完成

約1時間半ぐらいで作ることができました。

イレクターパイプを使用することでここからまだアレンジすることができます。左右の部分にハンガーを取り付けることもできますし、収納スペースも確保することができます。

また、なんと言ってもロッドが上部にあるので居住スペースがかなり有効的に使うことができます。

ハイルーフタイプなので外から ロッドを乗せているのも見えないので、盗難対策にもなります。

まとめ

今回は、イレクターパイプを利用してロッドホルダーを作成しましたが簡単で無加工でDIYすることができました。

ほんとに、既製品のロッドホルダーを購入するより安く済みますし少しの時間をかければ作ることができます。

なんと言っても、ここからアタッチメントを利用すれば無限にアレンジすることができるのでかなりおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました