自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】一誠issei 沈み蟲 イモ虫ワーム系最強メソッドはこれだ!

インプレ
この記事は約5分で読めます。
moto
moto

使用頻度半端ない

どうもmotoです。

一誠からまた新発売されましたね。発売スピード早ないっすか?!ユーザとしては待ちわびているので楽しみにしています。しかし、一誠の人気はすごく中々手に入らない商品が多いですよね。

しかし、今回も購入してきましたよ。

期待のイモムシワーム

沈み蟲2.2インチ

その後1.8インチも追加発売されましたね。

2020年には2.6インチの発売も決定しました。

今回は、実際に使用してきた感想と、会うフックの考察とおすすめのセッティングについてまとめて行きたいと思います。

では、どぞぉー

一誠issei 沈み蟲

2.2インチ


入数 : 7
推奨フック : マルチオフセット#1~1/0
価格(税別) : ¥720

1.8インチ


入数 : 8
推奨フック : マルチオフセット#2
価格(税別) : ¥720

特徴

シンプルかつ、爆発力のあるのワームです。高比重マテリアル、流線型ボディにより驚異的飛距離が得られます。 ボディの細い方からオフセットフックをセットして下さい。ノーシンカーでは脚をピリピリ動かしながら水平気味にフォールします。ボディの太い方にネイルシンカーを装着すると、バックスライドセッティングとなります。

引用 一誠HP

カラー

2019年6月現在に発売されているカラー総数は8種類

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#07 グリーンパンプキン

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#20 オリーブメロン

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#25 レインボーパンプキン

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#29 ブラックレッドフレーク

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#31 グリパンブルーフレーク

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#35 スパイシーパンプキン

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#55 ウォーターメロンブルーフレーク

沈み蟲 2.2in引用 一誠HP

#56 シナモンブルーフレーク

関連動画

村上晴彦氏が詳しく解説動画

沈み蟲シズミムシ2.2インチを村上晴彦が詳しく解説

セッティング

キャラメルシャッド同様に、全体がリング形状となっています。また、持った感想としては2.2サイズの割にはかなりの重量がある印象を受けました。海太郎からも発売されていますね。

逆刺しオフセットセッティング

上記のフックは、マルチオフセットの#1サイズフック。これが一番しっくりくるフックサイズとなりました。また、沈み蟲は逆刺しする事でバックスライドアクションを演出する事ができます。

通常オフセットフック

ヘッド部分を逆にしてセッティングする方法です。また、逆挿しセッティング時にネイルシンカーを埋め込むことも可能です。

個人的におすすめのネイルシンカーの重さは、1.2gがおすすめです。逆挿しセッティング時にネイルシンカーを埋め込む事で遠投性能がかなり上がります。

ノーシンカーのままでも高比重なので飛距離は出ますが、もう少し沖を攻めたい場合には特におすすめですね。

実際に使ってみて

今回使用したタックルは、SPINNING TRIP SEVEN ESS(スピニング トリップセブン ESS)

上記の沈み蟲には、真ん中部分にネイルシンカーを埋め込んでいます。脚細かくアクションしながら水平フォールを演出してくれます。

基本的には、バックスライド演出するために使用しますが、使用用途で随時変更することで違った楽しみ方があります。

使い方としては、ボトムまで落としてズル引きや、トゥイッチアクションを入れながらバスを誘います。ウィードが濃いポイントを表層を水面直下で攻めたり、ボトムでネチネチ攻めるのもありですね。

ベイトでキャスティングする場合のポイント

基本的に、2.2インチはベイトで使用するようにしています。ていうよりかは、ベイトの方が使用しやすい印象があります。

2.2インチを使用する場合は、ネイルシンカーを1,2gを挿入して使用しています。これが一番飛距離が出ますしフォールスピードもちょうどいいです。

タックルは、カワスペか震斬琵琶湖スペックを使用しています。

逆にローサイズの1.8インチの場合は、ネイルシンカーを0.9g以下で調整しています。

この場合は、スピニングタックルを使用します。トリップセブンESSですね。

 

まとめ

シンプルに見えて、セッティング次第で攻め方を変えれるのが沈み蟲の魅力的なポイントです。

夏本番のこの時期には、沈み蟲で楽しいバス釣りができることは間違いないですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました