自己紹介はこちら
スポンサーリンク

扱いやすい!!15メタニウムDC インプレとブレーキセッティング

ベイトリール
この記事は約5分で読めます。
moto
moto

DCにはまってます

どうもmotoです。

 

18アンタレスDCMD購入後すぐに、15メタニウムDCを購入しました。

購入した理由は。。。

 

 

得意にないですw

ただ欲しかっただけなのですが、18アンタレスDCMDはビッグベイトや、琵琶湖専用に。

 

小型から中型サイズのルアーを投げれるリールを考えたら15メタニウムDCが丁度いいかなと思い購入しました。

 

今回は、15メタニウムDCの実際投げたインプレとブレーキセッティングについてのまとめと、

15メタニウムDCと16メタニウムmglを客観的に比べた感想も書いていきます。

15メタニウムDC

スペック

品番ギア比最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ナイロン糸巻量
(lb-m)
ベアリング数
S A-RB/ローラー
スプール寸法
(径mm/幅mm)
RIGHT6.25.0190 664212-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22
LEFT6.25.0190 664212-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22
HG RIGHT 7.45.0190 794212-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22
HG LEFT 7.45.0190 794212-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22
XG RIGHT8.55.0195914812-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22
XG LEFT8.55.0195914812-120、14-100、
16-85、20-70
9/134/22

 

新開発の2つのダイヤル式I-DC5を搭載。 ベストなブレーキ力をイージーにセレクト。

マイクロモジュールギア、X-SHIP、S3Dスプールといった先進の機構をまとい、ベイトリールの可能性を追求してきた「メタニウムシリーズ」に、新開発のI-DC5を搭載した「NEWメタニウムDC」が加わりました。I-DC5とは、ナイロン、フロロ、PEとラインによって選択できる3モードの内部ダイヤルと、ルアーのウエイトによって選ぶ4ボリュームセミオート&フルオートの外部ダイヤルを備えた画期的なデジタルコントロールブレーキシステムです。従来は組み立て式だったマグネットを1ピースの4極着磁リング磁石に置き換えることで、有効磁力面が増大。約30%ブレーキ力がアップするだけでなく、リリース直後に一瞬のノーブレーキ帯を設けることでMAX回転数が約12%向上し、伸びやかかつ安定したロングキャストが可能になりました(数値はいずれも当社比)。これぞ高性能バーサタイルです。

引用.シマノHP

I-DC5 の特徴

■ルアーウェイトに応じて「5段階外部ダイヤル」を調整

外観

上部からは、16メタニウムmglと変わりはありません

しかし、カラーがガンメタ調に変わっており16メタニウムより深みがかった色になっています。

サイドプレート側には、[MetaniumDC]と表記されています。

唯一、16メタニウムmglと差別化されたところかもしれませんね。

ダイヤルブレーキは1.2.3.4.A(AUTO)搭載されています。

かなり簡素な設定範囲になっています。

サイドプレート側の内側には、DCユニットがくっついています。

16アンタレスDCには、スプール側にDCユニットがあります。

外部ダイヤルの他に、内部ダイヤルが搭載されています。

F・・フロロモード

N・・ナイロンモード

PE・・PEモード

実釣インプレ

今回購入したのは、15メタニウムDCはHG(ハイギア)

XGは、ハンドル系が長くなり、ギア比も8.5とオールランドに使うにはちょっとしんどいかなと思いHGにしました。

 

16メタニウムmglと比較して投げた感想ですが、そこまで大差ないかな?ってのがぶっちゃけありました。

ただ、向かい風に投げた時は、やっぱり15メタニウムDCの方がバックラッシュなしで飛距離も伸びてくれました

DC音は心地いいですが、16メタニウムmglでもいいと思います。

そのいいと思いますって理由が、

重量も16メタニウムmglの方が軽く・中古価格も安いってのがありますね。

また、巻き心地に関しては間違いなく16メタニウムmglの方が巻いてて気持ちいです。

巻きご心地・飛距離に関しても16メタニウムmglと大差ないのですが15メタニウムDCは、ブレーキセッティングが楽

また、バックラッシュもDCのおかげもあり軽減されています。

ブレーキセッティング

基本フロロしか使用しないので、内部モードは【F】

外部ブレーキは【A】でほとんどのルアーが投げれてしまいます

【A】は8g~30gの範囲。8g以下はブレーキ4で対応できます。

 

ただ、ジャッカルTN60をキャストした際に、外部ブレーキ【1】に設定しキャスト

するとバックラッシュしました。

ただ、サミングしながらキャストすると明らかに、【A】よりも飛距離がでましたね。

基本DCは、ブレーキセッティングが簡単なのも特徴ですね。

 

個人的に使い分けとしては、やっぱり、小型~中型サイズを扱うには15メタニウムDCが一番ベス かなと思いましたね。

 

まとめ

今回購入した、15メタニウムDC HG。

ブレーキ設定が簡単な上に、バックラッシュが少なく扱いやすいリールだと思います。

DCが搭載されたことにより、重要な場面でバックラッシュをすることなくキャストできる

場面が増えることは間違いありません。

中古相場も、2万8千円を切る金額で購入できるので一つDCリールが欲しい方には

おすすめのリールです。

タイトルとURLをコピーしました