自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【まとめ】2020年度版フィッシングショー大阪 総まとめ【画像大量】

インプレ
この記事は約5分で読めます。
moto
moto

超楽しい祭典ですね。

どうもmotoです。

釣りの祭典と言えば【フィッシングショー大阪】を初め色んな釣りのイベントが開催されていますよね。

昨年度は、フィッシングショー大阪に行くことができませんでしたが、2020年度は行くことができました。

2018年のフィッシングショー大阪のまとめはこちら

今回は、フィッシングショー大阪のまとめをしていきたいと思います。勿論、全てのブースの出典企業を紹介できないので個人的に気になった企業のみのまとめになりますがご了承ください。

ではどぞぉ。

2020年大阪フィッシングショー インテックス大阪

本年開催されたのは、2月9日、2月9日の2日間になります。今回の開催ブースは全4箇所となっています。

今年は、個人的に思ったのが入場者数が少なかった印象がありました。コロナウィルスが流行していたのもあるかもしれませんね。

では、ブースごとに見ていきましょう。

Aゾーン

シマノ

今年のシマノのバス用ベイトリールの注目は間違いなくメタニウムですね。

見た目の印象は、バンタムに形が近い感じがしました。剛性的にもよく、スプールの回転、ハンドルの回転ともにかなり軽かったですね。

本体価格は44,100円となり実売価はもっと安くなりますね。この性能でこの価格はかなり安いと思います。

SLX DCも目立つリールでしたが、シマノリールは全体的に丸びを帯びた形から少しカクカクした形よりに移行しているような印象でしたね。こちらのSLXはかなりの低価格でDC搭載なのでDCの入門者としては、いいかもしれませんね。

ワールドシャウラシリーズの赤色はほんと綺麗ですよね。画像から見てもその美しさが目立ちます。今年は、ワールドシャウラのドリームツアーエーデションが発売されますね。バッド部分のグラディエーションカラーは素敵です。

メガバス

タックル変更をしてからもメガバス商品に関してはよくチェックしていました。

全体的に、ルアーをディスプレイで飾ってあるシンプルなブースになっていました。

 

デストロイヤーシリーズも大分グリップ部分が変更されてきましたね。メガバスのロッドはほんとにかっこいいですね。

メガバス最後のロッドを購入使用としていたのがヴァルキリーです。エンドグリップ部分の長さを変更できるようになっている為、フィールドの状況に応じてロッドの長さを調整できる画期的なロッドですね。  

Bゾーン

deps

ブース入ってすぐの場所に、ビックベイトの試作品が沢山並べられていました。こんだけプロトの製品を作りいいルアー、釣れるルアーを作るメーカーの努力ってほんとにすごいですよね。

奥村さんのタックルやキムケンさんのタックルがショーケース内に展示されていました。こう見ると、プロのタックルボックスはなんかカッコよく見えてきますよね。

今回のデプス のブースはルアーのみの展示となっていました。ロッドのサイドワインダーなど見当たらなかったので展示されていませんでした。

MADNESS JAPAN

マドネスのブース名で出展されてたのか曖昧ですが、ガイドマップにはのっていませんでした。

注目の【ほにゃららビッグベイト】リップが柔らかい素材で作られているビックベイトと、バラムのダウンサイズモデルが展示されていました。

カーメイト

個人的に一番欲しいフロートボートですね。エレキがついているからか持った感じかなり重かったですが、ゴムボートと違い膨らます手間もなくいいですね。

 ZAPPU

ベローズギルなどの専用フックが展示されていました。

注目なのは、ワンタッチで簡単に直リグができるフックが発売されるみたいです。釣り場でのリグ交換が簡単になるので便利ですね。

エバーグリーン

コンバットスティックは、僕が小学校時代に初代が発売されたのでもう何十年と歴史があるロッドですね。当時は、清水盛三プロに憧れてコンバッドスティックをよく使っていました。

今改めて見ると、こんなにシリーズが増えていたのにびっくりしましたね。

DECOY カツイチ

3号館

ダイワ グローブライト

 

moto
moto

スティーズair撮り忘れた・・

ジリオンSV10が個人的に欲しいリールでしたね。ブラックと、上部の部分はマットブラックを使用しておりパーミングがしやすかったですね。

今年の注目のハートランド新モデル。ベイトフォネスロッドですね。

リールシート部分が細くなりこれまでのハートランドとは全く別物になっていますね。

僕はソリッドティップモデルが今回購入予定にしています。触った印象としては、やはりティップ部分が柔らかい方がライトリグを扱うには個人的には使いやすいからです。周りで触っている方もいましたが、ソリッドタイプの声の方が多いかったですね。

fish arrow

フィッシュアローの今年注目と言えば【ライザージャック】ですよね。DRTコラボであり発売されても間違いなく。。。されて手に入らないでしょうね。

レイドジャパンとのコラボ、モンスタージャックにダッヂの羽を使った羽ものもいい感じですね。

ガンクラフト

ジョイクロの新作羽ものも現在最終段階みたいですね。羽を留めているネジ部分が並行でくわざと斜めになっているのが画像からわかりますが、綺麗なアクションを演出する為に微調整されているみたいです。発売が楽しみですね。

4号館

こちらは、毎年恒例の即売会場など、子供が楽しめるブースが沢山ありました。

即売についての記事はこちら

まとめ

結構写真を撮りまくったのですが、撮れてないのが意外に多く凹みました。笑

2020年も新製品が沢山発売されていきますので、今後も色んなメーカーから目が離せませんね。

来年のフィッシングショー大阪は2月6日と2月7日です。

タイトルとURLをコピーしました