自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ネコリグ専用ワームといえばグリコネ 一誠issei

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

ネコリグたのしいよ

どうもmotoです。

ネコリグって、アクション・使い勝手どれをとっても万能リグだと思っています。

そん中で今回まとめるのは

一誠から発売されているワーム

グリコネ

ネコリグ専用機として発売されているネコリグですが、ワームの耐久性・アクション共に申し分ないワームとなっています。

今回は、そんなグリコネについておすすめリグをまとめて紹介していきたいと思います。

では、どぞぉ〜

一誠issei グリコネ

入数:7本 価格【税別】730円 カラーラインナップ14種類

特徴

細かく刻まれたリブが水に馴染み、シェイキングでの波動を増大させます。ヘッド部にはネイルシンカー挿入用ホールを設けました。基本はボディの”帯”部分にフックをセットし、1~2gのシンカーを挿入。着水と同時に細かくシェイクしながらフォールさせ、着底後もシェイクを加えながらアクションさせます。また、ノーシンカーで表層から中層を狙うのも有効です。

引用 一誠HP

①リブを深くデザインし、ボディ中心部の”芯”の部分を細く設計することにより、艶かしくアクションします
②フックセッティング目安の”帯”
③ネイルシンカー挿入ホール


グリコネの使った印象としては、かなり針持がいい印象です。結構雑に扱っても身切れする事なく使用できます。また、一誠から発売されている【スパテラ】とは違い完全ストレートワームになる為、使用用途としての範囲は狭いですね。

関連動画

グリコネ水中アクション映像

Gurikone グリコネ 水中映像

村上晴彦氏解説動画

Gurikone グリコネ解説

使い方

グリコネの使い方は、【ネコリグ】がメインになります。しかし、ジグヘッド・ダウンショットリグなどおすすめの仕掛け・セッティングもありますのでご紹介します。

ネコリグ

グリコネの先端部分には、ネイルシンカー装着部分が専用設計されている為、ネイルシンカーが装着しやすくなっています。

ネコリグの場合には、おすすめのネイルシンカーの重さは1〜2g。スピニングタックルで使用します。

グリコネの使い方としては、基本底でチョンチョンアクションで誘います。綺麗に、底に着底後は縦に維持してくれます。

また、グリコネのネイルリグでおすすめの使い方は【ゆっくりただ巻き】

ゆっくりただ巻きする事で、シンカーが入っている部分を下にして引くと、尻尾部分が細かくバイブレーションしてくれます。竿先には中々伝わりにくいですが、しっかりとバイブレーションしてくれるので静かにアプローチしたい時にはおすすめです。

ダウンショット

ダウンショットで使用する場合は、ワッキー仕様でセッティングします。ストレートワームといえばワッキーってイメージがありますがグリコネは、フックセッティングポイントがありますのでその場所にフックを刺します。

使い方としては、ズル引きか一点アクションがおすすめです。スローな釣りにもできますし、ネチネチしたいときは特におすすめです。

ジグヘッド

通常のジグヘッドではなく、オフセットジグヘッドを使用すればストラクチャーに躊躇なく攻める事が可能です。

グリコネのジグヘッドでのアクションは、中層スロースイミングがおすすめです。グリコネの特徴のリブを深く設計しているために微振動を発する事ができます。流れが強い場所でも、その威力は絶大です。

まとめ

ネコリグ専用設計で作られたワームですが、ジグヘッド・ダウンショット等使い方・アクション次第でバスを誘発する事ができます。

初期に作られた一誠ワームで、現在スパテラの影に隠れている印象がありますが、ネコリグで攻める釣りでは特におすすめのワームになります。

ネコリグが好きな方には是非おすすめですよ。

 

タイトルとURLをコピーしました