自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】圧倒的コスパ ラインはフロロマイスターで決まり

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

消耗品だぜ

どうもmotoです。

釣りをするにおいて、リール・ロッド・ライン・ルアーは必需品になりますね。

その中でも、消耗品分類になるのが【ライン】になりますよね。

ラインも様々なメーカーから発売されていますが、価格・素材・品質も違ってきますよね。

そんな中でも、コスパが良く評価が高いラインが

シーガー フロロマイスター

個人的にも、今メインで使用しているラインになりますが、今までも切れた事もなく耐久性共に満足しているラインになります。

今回は、シーガー フロロマイスターのインプレについてまとめていきたいと思います。

では、どぞぉ〜〜

シーガー フロロマイスター

一番注目する点は、その圧倒的価格

320mで1000円超えで販売されている、格安ラインの中でも品質・強度は安心して使用できるレベルである為、コストパフォーマンスが高いと言われていますね。

ラインは【重要】と言われていますが、一般のアングラーで毎回釣りに行くたびにラインを巻き替える方は少ないと思います。高級ラインを使用していると尚更ですよね。

高級ラインとの金額比較

上位ラインのR18フロロリミテッドラインだと、100mで1000円ちょっと。(Yahoo!ショッピング調べ)

なので、フロロマイスターと比較すると

※ライン一つ1000円と仮定。

フロロマイスター 1メートルあたり単価約3.2円
R18フロロリミテッド 1メートルあたり単価約10円

1メートルあたり約6.8円安くなります。

これだと、安いかイメージがわかないと思いますのでリールに巻いた時の金額を試算してみます。

基本的に、リール一回に巻く量は約80mが多いと思います。80m巻いたとして

フロロマイスター リール80m巻きで約256円
R18フロロリミテッド リール80m巻きで約800円

こう見ると80m巻いたとしたら、一回巻く度に544円差が発生します。

これかなり大きいですよね!

544円だとワームが購入できますもんね。なので、安いラインと高いラインではこのような金額の差が発生していきます。

フロロマイスターはどうなのか?

基本的に、フロロマイスターしか使っていませんが昔は、R18フロロリミテッドも使用したりしていました。

確かに、R18フロロリミテッドだと長く使っていてもラインがくすむ白くなったりしにくいイメージがありました。まぁ、それだけ長く使えるって事ですね。

それに比べフロロマイスターは、ラインが白くなるのが早いイメージ

しかし、それであっても切れる事もなく50アップもガンガン取れますし、ビックベイトをキャストしても切れた事がないですね。

ネット上では、切れるとか伸びがないとか出回っていますがそんな事ないと思いますよ。

また、価格も安く財布に優しい為にそのような状態であっても巻き変えればいいだけですからね。

一般アングラーだとお金持ちでない限り、フロロマイスターで全く問題ないと思います。

格安ラインの中には、確かに品質が悪いものあるかもしれませんが昔の格安ラインのレベルを超えてますからね。

技術も向上してますし、高いのには理由がありますし安いには安い理由があります。

確かに、安いラインには不純物が多く、高いラインには不純物が少ない。これにより、ラインの質・価格が変わってきます。

まとめ

ある程度いいもので、コストを抑えたい!巻き替えの頻度をあげたい!

そんな時に使用してもらいたいラインが、フロロマイスターです。

財布に余裕のある方は、高級ラインを使用すればいいですし、1回高級ラインを使ってみて比較してみるのいいかもしれません。リールとの相性がありますし、使い手によっての好みも違ってくると思います。

フロロマイスターはリーダーとしてもコストがいいですよ。

使用した事ない方にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました