自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ファットイカでカバーもイチコロ!ゲーリーヤマモト

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

ファットイカは使いやすよね

どうもmotoです。

もはや定番ワームの一つであると言っても過言ではないワーム

ファットイカ

ファットイカを知らない方はいないんじゃない?ってぐらい有名ですよね。また、釣果も使いやすさも抜群です。

今回は、ファットイカの使いかたとおすすめセッティングについてまとめて行きたいともいます。

では、どぞぉ〜

ゲーリーヤマモト ファットイカ

特徴

今やすっかり定番品となった「ゲーリーヤマモト・ファットイカ」。その特徴は何と言ってもそのバルキーボディーにあり、ゲーリー独自の高比重素材とあいまってワーム単体だけでも実に12gものウェイトがあります。

そのため、ベイトタックルでもノーシンカーでたやすく操作することが出来ます。結果的に、これまでスピニングタックルでは攻め切れなかったシャローカバー周りをもノーシンカーの攻略範囲とし、その威力に気付いたバスアングラー達から多大なる支持を得るまでに至りました。

また、自重ゆえのキャスタビリティー、到達深度の拡大など、ファットイカならではのアグレッシブな釣りは決して他のワームでは真似のできないものです。

引用 SMITH HP

因みに、ゲーリーヤマモトのサイトをみてもファットイカは載っていません!それには、理由がありますが詳しくは下記サイト様にて詳しく解説してくれています。

ラインナップ

 ベビーファットイカファットイカヘビーファットイカ
長さ80mm100mm100mm
重さ約6g約12g約11g
入数10本10本5本
価格【税別】2,000円2,000円1,200円

ノーマルのファットイカの他に、ベビーファットイカ・ヘビーファットイカがラインナップされています。ラインナップ別に発売されているカラーの種類が異なります。

ベビーファットイカはライトタックルで使用する事ができるようにウェイトも軽くなっています。また、フラスカートは通常24本から12本に仕様変更しています。

ヘビーファットイカは、ファットイカと見た目は全く一緒ですが対ヘビーカバーを攻略する為に、耐久性に優れた【セミハードマテリアル】が用いられています。

使い方

ファットイカの使い方としては、ノーシンカー。カバーやヒシモの上を引く事ができます。

また、ファットイカの最大の特徴としては【自重】

ワーム単体で約12gある為ベイトタックルでキャストすると大遠投する事が可能です。また、重さがある為にフリッピングも楽々とできます。ネイルリグを多様すればさらに扱いやすくなります。

ファットイカのおすすめフックサイズは1/0〜。大きめのフックでも問題ありません。

基本はノーシンカー

ファットイカはノーシンカーで使用します。

カバー部分へダイレクトにキャストしフリーフォールしバスを誘います。

特に夏に多様するのが表層水面直下。

水面直下をゆっくりトレースするこで、ゆらゆらアクションでバスを誘います。ヒシモやウィードなど絡まりやすいポイントにも積極的に攻める事ができます。

夏はこれでバスもイチコロです。

逆刺しセティングもおすすめ

逆刺しセッティングすることにより【バックスライドフォール】ができます。

着水時にさらに奥に向かってフォールしていくので、カバーの奥を攻める事ができます。

ワームが身切れしそうになったら、逆刺ししたりしてワームを長持ちさせるように上手にローテンションするのがおすすめです。

まとめ

ただの【イカ】だけじゃないファットイカ。

ベイトタックルでノーシンカーを遠投できますし、カバーストラクチャーに対して高いポテンシャルを発揮してくれます。

カバー対策のワームとして特におすすめのワームですよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました