自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【まとめ】ゲーリーヤマモトのおすすめワームはこれだ!9選

【まとめ】おすすめルアー
この記事は約7分で読めます。
moto
moto

ワームと言えばゲーリー

どうもmotoです。

ゲーリーヤマモトを知らない人は釣りをする人で居ないと思います。ゲーリーと言えば、有名ワームが数々ありますが今回はそんなゲーリーヤマモトのおすすめワームについてまとめていきたいとおもいます。

では、どぞ〜

ソフトワーム

カットテールワーム

優れたストレートワームの条件である水平ポジションの確保、ナチュラルなダートアクション、そしてミノーライクなシルエット、それらを高次元で満たしノーシンカー等のフィネスなアプローチでは、フィールドを選ばず抜群のポテンシャルを発揮します。

引用 ゲーリーヤマモトHP

言わずと知れた超有名ワームですね。塩の含有量が多くフォルムサイズの割にキャスト距離が伸びます。

また、ダウンショット・ネコリグ・ワッキー・ジグヘッドなど対応で切るので一つは持っておきたいワームですね。

4インチグラブ

 発売以来グラブの定番として多くのアングラーに愛用され、これまでその圧倒的なポテンシャルと汎用性の高さで
トーナメントシーンに於いても歴史的な実績を誇ります。
その進化はニューカラーや新しいメソッドと共に永久に続きます。

引用 ゲーリーヤマモトHP

ノーシンカーでただ巻きするだけでも釣れる超優秀ワーム。テールがよく切れてしまいますが【イモグラブ】として使用するできます。また、イモグラブもかなり優秀です。

2インチグラブ

ジグヘッドやスプリットショット、アンダーショットリグが最もマッチします。
ただ小さいだけではなく、 ライトゲームから本格的なアプローチまでもカバーし、更に新色の登場で海のゲームフィッシングにもそのフィールドは広がります。

引用 ゲーリーヤマモトHP

個人的に一番使用頻度が高いですね。初見の場所で使用すればバスが居るか居ないか分かるくらいバスは釣れます。

ヤマセンコー

ヤマセンコーを象徴するエスケープダートアクションと水平フォールで、日本のフィールドに一大ムーブメントを
起こしたアイテムです。
フィネスなアプローチから大胆なシャローゲームもこなし、ビッグワンをも仕留めることができます。

引用 ゲーリーヤマモトHP

オフセットフックノーシンカーでダートアクション・水平フォールを演出することができます。ボトムまで落として放置するのも効果的です。

ファットイカ

今やすっかり定番品となった「ゲーリーヤマモト・ファットイカ」。その特徴は何と言ってもそのバルキーボディーにあり、ゲーリー独自の高比重素材とあいまってワーム単体だけでも実に12gものウェイトがあります。
そのため、ベイトタックルでもノーシンカーでたやすく操作することが出来ます。結果的に、これまでスピニングタックルでは攻め切れなかったシャローカバー周りをもノーシンカーの攻略範囲とし、その威力に気付いたバスアングラー達から多大なる支持を得るまでに至りました。

引用 SMITH HP

ファットイカと言えばノーシンカーの攻略範囲がかなり広いですよね。カバーを狙うのは勿論、12gのウェイトがある為遠投性能も高いのが特徴ですね。

ハートテール

市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテム。
発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現しました。
ボディのスリットはフッキング性能を向上させ、そのボリュームバランスはあらゆるリグにアジャストできるようデザインされています。

引用 ゲーリーヤマモトHP

2019年に新しく、3.5インチサイズがラインナップされました。選択の幅が広がりましたが3.5インチも同様にあらゆるリグに対応しています。

イモグラブ

イモグラブなるジャンルを確立させたゲーリーブランド。元々はグラブのテールをカットして使用することに端を発したこの形状は、やがて独自のジャンルを確立し、各社から多くのイモグラブ形状製品が発売されたのは御存知の通り。

引用 SMITH HP

4インチグラブのテールをカットする事で代用することができますが、元祖イモグラブと言えばゲールーのイモグラブ。

4インチダブルテール

ジグトレーラーをはじめ豊富なカラーバリエーションで、幅広いアプローチをカバーします。時にはフラスカートとの
組み合わせでフラグラブとしても活躍し、レスポンスの良いテールアクションはタフコンディションにも強い逸品です。

引用 ゲーリーヤマモトHP

重めのラバージグのトレーラーに使用しています。また、ライトテキサスも特におすすめ。ノーシンカーだとテールの抵抗があるのであまり飛距離が伸びない点があります。

カーリーテール

多くのリギングバリエーションに対応し、ズル引きやスイミング、ステイといったビッグバスが好むアクションを完璧に
こなします。
そして細身のシルエットは、日本のフィールドに存在するベイトフィッシュの全てを限りなく演出することができます。

引用 ゲーリーヤマモトHP

ヘビーダウンショットや、テキサスリグがおすすめ。また、テールを少し残しカットすることでカットテール仕様にすることができます。

おすすめ6インチです。

まとめ

昔から大人気のゲーリーヤマモトワーム。ヒットワームを数々出したメーカーですが、特に注目すべき点は【カラーの多さ】カラーバリエーションが尋常じゃないほど豊富です。

状況に応じてカラーローテーションの選択肢が増えるので、カラーにこだわりがある方にもおすすめですし、初心者にも簡単に使える4インチグラブもありますしおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました