自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ギルフラットの釣りが面白くてたまらない!!

インプレ
この記事は約5分で読めます。
moto
moto

この釣り楽しい

どうもmotoです。

今までギルフラットの記事を全て書きましたが、魅力が多すぎて書ききれてないのかなと思い追加で書くことにしました。

最初の頃は、【ギルフラットって釣れるの?】って半信半疑で使用していましたが実際に釣れるまでには時間がかかりました。

確かに、アクションの仕方やセッティング方法を模索するのに時間がかかったりもしましたが、実際に使用し続けると自分のあったセッティング方法が見つかるようになり、かなりの釣果が上がるようになりました。

釣れたらでかいバスが多いんですよね。

ここ最近で一番使用したワームであることは間違いありません。幾度となくバラしたり根がかりしたり切れたりもしましたがこのギルフラットの魅力を追加でお伝えできたらなと思います。

では、どうぞん。

ギルフラットの魅力

ギルフラットって、単純に使用するワームではないんですよね。フックのセッティングもしっかりしないと真っ直ぐ動かないし、ネイルシンカーのウェイトで動きが変わったりもします。

本当に、微妙なウェイトの違いでフォールスピードが変わったりしたりするんです。

それで釣果が変わったりしますし、反応が違ったりすることもあります。

個人的には自分で、決めたウェイトセッティングとフックセッティングで釣れた時はすごく嬉しんですよね!釣れたんではなく、釣ったった!!ってなる感じがたまらんのですね。

十人十色の色が出るワームがギルフラットだと思っています。

マスバリセッティングのフッキング率が高い

ギルフラットには

  • オフセットフック掛け
  • たすき掛け
  • ちょん掛け
  • 根魚玉

が僕が主に使っている仕掛けになります。その中でも、ベースで使っているのがマスばりのちょん掛けセッティングです。

理由としては、オフセットフックよりフッキング率が高いのとセッティングのし易さとワームの姿勢の確保がしやすい為です。

オフセットフックのメリットとしては、障害物が多いストラクチャーに適しています。

その点マスバリちょん掛けの場合もガードつきのマスばりを使用するとある程度のストラクチャーも回避できますし、ただ巻き時のスイミング姿勢も綺麗に決まります。

また、オフセットに比べマスバリちょん掛けのフッキングの方がしっかり決まる印象があります。

しかし、その反面デメリットもあります。

それは、身切れ問題です。マスバリちょん掛けでは、ヘッド部分にちょん掛けしているだけなのでギルフラットのロストが多くなります。

身ぎれ対策バネを使用したとしても限界がありますし、オフセットフックの針もちは比べもになりません。

ジュニアサイズとオリジナルモデル

現状使用頻度が高いのは、【オリジナルモデル】のギルフラットです。

理由としては、カワスペ赤疾風七四MHのおかっぱりメインで使用するには丁度いいですしやはりデカバスが釣れる確率が高いです。

また、集魚力の強さも個人的にはギルフラットJrよりは強い印象があります。集魚力・アピール力はオリジナルモデルの方が強い

その反面、ライトな釣りで使用したい場合はギルフラットJrで使用しますがフィネス感覚や、オリジナルモデルで反応しない場合に使用したりします。

デカバスも反応しますが、ギルフラットJrは35㎝クラスのバスからよく釣れる印象があります。

ベイトでの釣りが楽しくなる

一時期は、釣り場にギルフラットとベイト1本でしか釣りに行かないことがありましたね。笑

完全に中毒でした。反応がなかったら移動。反応があれば、ウェイトを変更したりカラーを変えてみたりして遊んでいました。

サーチベイトと感覚として使用していた時もありましたね。

  • 巻きで使用する用のギルフラット
  • 誘って使用する用のギルフラット

の2種類で釣りに行きバスを狙っていました。なので、釣りに行く時すごい楽でしたね。

特に短時間しかなく時間がない時には、おすすめのセッティングですね。

まとめ

みんな大好きギルフラット。僕も大好きなワームの一つですが使い手によって動きもアクションも異なる為、いろんな人のセッティングが見たいってのもありますね。

こういう使い方があるんだ!って発見も面白いですし、これもギルフラットの釣りの醍醐味だと思っています。

晩年釣れるギルフラットは楽しいワームですよ。

タイトルとURLをコピーしました