自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ワームの身切れを解消!ワームホルダー・スプリングタイプ

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

ワームって何気に高いよね

どうもmotoです。

ワームってナチュラル感を求めすぎてしまうとどうしても、ワーム自体の強度が弱くなったりしてしまいますよね。

ワームも年々高くなってきている印象もありますが、ワームのロストって結構痛いですよね。

特に、僕みたいなお小遣いが少ない立場の人間としてはかなりの死活問題になります。

 

ワームのロストを防ぐために、以前紹介したのが【ワームプロテクトチューブ

これはこれでいい商品だと思っていますが今回購入してきたのが

デコイから発売されている

 

【ワームホルダー・スプリングタイプ】

 

チューブタイプと異なり、スプリングタイプになる為強度的にも安心でそうですし、ギルフラットのチョン掛けで使用してみたいと思い購入しました。

使い方も含め、インプレしていきたいと思います。

デコイ ワームホルダー・スプリングタイプ

特徴

とにかく身切れが激減!エコで手返しアップ!
通常のリグではフックが刺さっている一点に力が集中するため、そこからワームが身切れてしまう。
しかしこのスプリングをワームにねじ込み、それにひっかけるようにフックをセットすることでワームにかかる力が分散し、身切れが激減。
ワームを無駄に消費しないので手返しもアップし、しかもエコなアイテムです。

特徴的なのは、【スプリングタイプ】になっている事です。

ホームセンターなどで売っている【針金】を代用して作る事も可能ですが、メンドくさい方にはおすすめです。

レビュー

入数は4本。りん青銅材を使用している為、耐久性とカットのしやすさを両立しています。

触った感触としては、完全にバネですね。約5センチの長さが4本入っているので使用頻度が多くても長持ちしそうですね。

使い方の詳しい説明も裏面にこのように記載してくれています。

定番の身切れ頻発の仕掛け【ワッキーリグ】にも勿論使用すれば、ワームのロストを減らす事ができます。

また、オフセットフックにも使用する事ができます。

今回購入したのが、【Lサイズ】なので小さめのワームには使用するのは難しいかもしれません。なので、小さめのワームで使用する場合は【Mサイズ】を購入することをおすすめします。

使い方

今回装着するのはギルフラットのチョン掛け仕様のパターンをご紹介します。

※ワームホルダースプリングタイプをカットするにはニッパーが必要です。

①ギルフラットの先端部分にワームホルダーをねじ込んでいく

フックポイントまで中心が崩れないように軽く押さえつけながら、時計回りにゆっくり回していきます。

②フックポイントまで到達したら、ニッパーでカット

あとは、ニッパーでカットするだけです。簡単ですね。用頻度が高いワームに仕込んでおけばすぐに釣り場で使用する事ができます。

ワッキーリグなどねじ込む場合は、ワームホルダースプリングタイプが貫通しないように注意しながらねじ込んでください。

まとめ

ワームの身切れ防止には、チューブタイプもありますがスプリングタイプの方が個人的に耐久性が高い気がします。

サイズも【M・L】と発売されていますしオフセットフックの仕掛けにも使用できるますので、一つ持っていてもいいかもしれませんね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました