自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ハートランド新作ベイトフィネスの使い心地がたまらない 722ML+FB−ST20

インプレ
この記事は約6分で読めます。
moto
moto

ハートランドから待望のベイトフィネスモデル発売

どうもmotoです。

やっと!やっとですね。2020年ハートランド倶楽部会員先行発売されたベイトフィネスモデル

722ML+FB-ST20

を手に入れてきました。

こちらのモデルは、【ソリットティップモデル】である為に個人的に一番好きなロッドのタイプになりますのでこのタイプを先行購入することにしました。

そこで今回は、722ML+FB-ST20を実際に触った印象などインプレ・レビューをまとめていきたいと思います。

では、いくん

ダイワ ハートランド 722ML+FB-ST20

スペック

アイテム
全長(m)継数(本)仕舞(cm)重量(g)先径/元径(mm)ルアー重量
(g)(oz)
ライン
(lb)(oz)
カーボン含有率(%)
722ML+FB-ST202.18 21131121.2/10.93.5-14g 1/8-1/2oz6-14/0.6-1.299

特徴

バスフィッシングの世界に常に独自の発想で新しい釣法を提案し続けるハートランドの20モデル、それがHL 722ML+FB-ST20。今や一つのカテゴリーとして存在するスモラバを初めて世に出した村上晴彦が、PE PERFORMANCEコンセプトの元、DAIWA最先端テクノロジーで現代の村上流ベイトフィネススタイルを体現したスモラバロッドを創り上げた。嘗てのハートランドにはない、硬めの高弾性メガトップソリッドティップとチューブラーパワースリムの細身肉厚ブランクでベイトフィネスでのふわ釣りを実現させた。未だハートランドの作品では見たことのないテイストに仕上がっており、まるで柔と剛という相反する要素を両立した仕上がりになっている。

引用 ダイワHP

関連動画

HL2020モデル 冴掛とベイトフィネス徹底実釣解説!

HL2020モデル 冴掛とベイトフィネス徹底実釣解説!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.219

【村上的】#32 2020ハートランド 遂に公開…!

【村上的】#32 2020ハートランド 遂に公開…!【バス釣り】

レビュー

待望のハートランドから発売された、スタンダードモデルのベイトフィネスロッドでソリッドティップモデルになります。

個人的には、ベイトフィネスがかなり好きでしたがハートランドにロッドを入れ替えてからは使用していませんでした。【ドットスリー】や【SPR】も発売されていますが、中古でもかなりの高額で販売されているので中々購入することができませんでした。

今回発売されたモデルはなんと【スタンダードモデル】で、価格も安くなっています。実際に購入した金額もポイント等含めると3万5千円くらいで購入できました。

グリップが進化

エアセンサーシートを搭載しています。全体的にグリップが細くなった為これが持ちやすい!手にフィットする感覚がしっくりきますね。

また、全体的に竿がかなり軽い逆に軽すぎて違和感しかありませんでした。これは、ハートランドのロッドを使用している方にはわかるかもしれませんが、異常に軽すぎてびっくりするくらいです。

オールマイクロガイド

オールチタンフレームSiCガイドを搭載し、尚且つマイクロガイドが搭載されています。個人的に大好きなマイクロガイド。マイクロガイドに関しては、賛否あると思いますがやっぱりフィネスにはマイクロガイドかなと思っています。

インプレ

リールはスティーズCTを装着

リールはスティーズCTを装着しました。まぁ、この為にスティーズCTを購入していましたからね。笑

ともあれ、722ML+FB-ST20とスティーズCTのフィット感はかなりいい感じです。これに、スティーズAirとかCTシリーズは合うと思います。

ラインは、10lbから8lbに巻き直しました。10lbのときは、カワスペESSに使用していたので少し太いラインを巻いていた為です。

軽量ルアーを扱うには、8lbぐらいが丁度いいかなと思いますし、自分が通うフィールド次第でラインの号数を合わせるのがベストですね。僕が、よく通うフィールドはテトラなどが点在している為8lb〜10lbで調整しています。

軽量ルアーが面白く飛ぶ

グリコネに0.9gのネイルシンカーを挿入しています。

以前なら、スピニングタックルでしか使用できなかったルアーですが722ML+FB-ST20だと楽々キャストすることができます。

リールがスティーズCTってこともあるかもしれませんが、ロッドのキャストのしやすさと7.2ftのちょうどいいロッドの長さが軽量ルアーを軽々とキャストできますね。

また、ネコリグやスモラバなど繊細なアクションも、ソリッドティップを搭載していることで繊細なロッドアクションをすることができました。やっぱりソリッドティップはいいですね。

ギルフラットジュニアとの相性がいい

ギルフラットジュニアが結構使いやすいですね。僕は、ソリッドが好きなのでアクション時にキビキビしたアクションより滑らかな感じのアクションが好きです。

キビキビしたアクションがしたい方は、ミディアムロッドクラスがいいですしこれも好みですですが、ライトなギルフラットジュニアには使い勝手がいいですね。

ソリッドティップの割にバットパワーがすごい

上記のバスは、55㎝になりますがテトラが点在する場所からでも引き寄せられるパワーがあります。

先端はしなやか胴体はガッチリ!

繊細な釣りができますし、デカバスがヒットしても安心して取り込むことができます。

まとめ

2020年新発売のハートランド新作ベイトフィネスモデル722ML+FB-ST20は、軽量ルアーを軽々キャストすることができますし、ベイトフィネスの釣りが大好きな方には是非おすすめのロッドになります。

ただ、ハーランダーの方はハートランドの重さになれている方が多いと思いますので軽すぎて違和感が出るとは思いますが、慣れればかなり扱いやすいロッドになると思います。

moto
moto

今年はベイトフィネス一択です。

ソリッドティップなのでしっかりしたケースで保管したいですね。


現在(2020年4月現在)では、先行発売しかされていませんが今後一般発売されていくでしょうが、恐らくかなりの人気が出ると予想される為、店舗や通販などでも中々手に入れることができない可能性が考えられます。

生産数にもよるでしょうが、現状全世界がこのようなコロナの影響が出ているので発売も遅れる可能性もでてきているようです。

タイトルとURLをコピーしました