自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ダイワ PROCASTER-X2000iA オールドリールの紹介

スピニングリール
この記事は約3分で読めます。
moto
moto

このリールみて懐かしいと思う方多いよね

どうもmotoです。

懐かしいオールドリールシリーズです。まぁ、シリーズ化は全くしていませんが懐かしく感じてくれる方が居ればなぁと思って書いてます。

個人的に、懐かしいリールを見るとテンションが上がりますからねw

そこで今回、紹介するのは

DAIWA PROCASTER-X2000iA になります。

僕が、最初に買ってもらったリールでもう20年以上前のリールになりますね。

このダイワのプロキャスターモデルですが、スピニングリールとベイトリールがありましたよね。ベイトリールもあるんですが、どこかにあるんでそちらは後ほど。

今回は、ダイワのプロキャスターXスピニングリールについてまとめていきたいと思います。

では、どうぞん。

DAIWA PROCASTER-X2000iA

スペックに関しては情報を調べましたが、全く出てきませんでした。まぁ、20年以上も前のスピニングリールなので情報が乏しいのは仕方ありませんが、中古でもまだまだ取引されていますね。

因みに、このリールmade in japanの日本製なんです!

ダブルハンドル

当時のリールは、結構ダブルハンドルが流行った記憶があります。いろんなメーカーからダブルハンドルがこぞって発売されていたような。。。

当時は、ダブルハンドルは結構使いやすいなーとは思っていましたが今改めて持ってみると重い。。。w まぁ、昔のリールなんで重いのは当たり前ですよね。それに加えてダブルハンドルなんで重さ倍増です。

ノブも、当時のダイワでよく使われていた3本ラインが入ったノブですね。当時のダイワのノブは、ベイトリール・スピニングリール問わずにこのノブでしたよね。

現在発売されている、スピニングロッドで付けてみるとロッド自体が軽いものが多いので少しバランスが悪いなぁと思います。

付けるなら、昔のオールドロッドとか付けたらしっくりきますよね。

20年前と思えないカラーリング

同じ、プロキャスターのベイトリールがあるんですがそのベイトリールは結構おもちゃ感がすごかったんですよね。プラスチック製品の塊みたいなwそれに比べて、スピニングリールのプロキャスターはしっかりした作りとなっています。

また、このラメが入ったカラーリングが綺麗!

光の加減により、光ったりしたりするので当時のカラーリング技術の中でもとても綺麗ですよね。また、年数が経ってもこの輝きが残っている点も素晴らしい!

中古でも取引されている

ちゃんとメンテナンスしていれば、スプールの回転も滑らかで全然使えるリールになります。

現在、メルカリやヤフオクでの販売価格は約2000円前後で取引されています。勿論、状態によっても価格は違いますが、中古で購入する際はかなりの年数が経っているので見極めが重要になります。

まぁ。値段も値段なんで気にすることもないかもしれませんが折角買ったのに使えないリールだったら損しますよね。なので、気になる点はしっかり確認してから購入するようにしましょう。

まとめ

懐かしのオールドリール、ダイワのプロキャスターXのスピニングリールについてまとめましたが今こうやって見てみると時代を感じさせないリールですね。

このダブルハンドルとカラーリングは20年の年数が経ったと思えない程の造りですし、まだまだ現役で使えるリールですもんね。

懐かしいと感じて、中古で見つけた時に買ってみるのも楽しいですよね。

タイトルとURLをコピーしました