自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【必見】取引数300超えが教えるメルカリで釣具を上手く売る方法

釣りの雑学
この記事は約10分で読めます。
moto
moto

メルカリは上手に販売していきましょう

どうもmotoです。

令和になり新型ウィルスの影響で生活様式が替わろうとしています。家にいる時間が多くなり、断捨離をする方が沢山いたみたいですね。とりあえず、第一波が落ち着きましたが必ず第二波がきます。その時また、いる物と要らない物を仕分けし断捨離をする方が増えると思います。

新型ウィルスの影響だけでなく、今持っている釣具を売って新しい釣具の購入にあてたりしたい方もおられると思います。

実際に僕は、メルカリで取引数が300件近く取引実績があります。ただ出品するだけでは売れないのは事実です。リアルタイムで、全国から出品されていますので欲しい方や狙うユーザーを選定しなければ売れる確率は下がります。

そこで今回は、メルカリで上手に釣具を売る方法をまとめていきたいと思います。

メルカリで出品するポイント

写真は綺麗に詳細に

まず、メルカリで出品するポイントをお話します。メルカリを出品するにあたり、重要になってくるのは【画像】です。

画像は本当に重要です。メルカリは画像が一覧として表示されます。なので、購入したいユーザーが一目で気になるような画像を載せる必要があります。

また如何に、綺麗に商品が詳細に写っているかを包み隠さず撮らなければなりません。

例えばリールに傷があるのに隠すように撮影は絶対にNG です。トラブルの原因になるので絶対に避けましょう。

購入する方はお金を払います。中古として理解して購入する方がほとんどですが、画像でしか判断できないのでできるだけ小さな傷も写すようにしましょう。

説明欄

画像も重要ですが同時に、商品説明も大事になっていきます。ポイントとしては、しっかり詳しく書くこと

確かに、説明文を詳しく書くのはめんどくさいのはわかります。しかし、本当に売りたいのならしっかり文にして伝えたい内容を記載することです。自分のわかる範囲と伝えたいことを書くだけです。もし、その商品が欲しいユーザーがでてきた場合お互いの理解の相違がないようにコメントしていただくように記載しましょう。

価格

価格は自分がこの値段で売りたいと思う値段があると思います。その前に、その商品がいくらで売れているか調べます。所謂相場です。売れている相場がわからなければ値段をつけても売れる物も売れません。

メルカリは、オークション形式ではなくフリマ形式なので値段交渉ができます。勿論、購入するユーザーは安く買いたいですよね。値下げ交渉は結構きます。

を把握して、送料を加味して自分の売りたい値段を決めます。そこから数百円高く値段を設定します。

人間は表示されている価格から数百円安くなったら安くなったって思いますよね。スーパーの割引の感覚です。

その心理を利用して若干高めに設定し、値下げ交渉がくれば売りたい値段を提示します。購入したいユーザーも少しでも安くなればと思っているのでほとんどその自分の売りたい値段で販売することができます。

発送方法

発送方法も沢山あるので迷いますよね。今は匿名発送というものがりますし簡単に郵便局やコンビニで発送するようになっています。しかし、その場合は少し割高になります。プライバシーが保護される観点を考えれば安いかもしれませんね。

簡単に発送したいなら、ゆうゆうメルカリ便・ラクラクメルカリ便を利用すれば誰でも簡単にできます。

ルアー編

ルアーを出品するにあたり注意点は

  1. 新品か使用済みか
  2. カラー
  3. ルアーのボディー傷
  4. フックの錆やフックの状態
  5. ルアーが破損(ボディー割れ)していないか
  6. ビッグベイトなどレア商品の箱があるかどうか

ここが購入するユーザーとして一番気になる部分だと思われます。また、ルアーディスプレイスタンドがあると撮影する際に便利です。

新品未開封の場合の写真

未開封ということとをしっかり撮影します。また、同時にタイプやカラーも表記されているならその表記されている場所も撮るようにしましょう。箱に凹み折れなどもある場合も忘れずに。

新品の場合は箱が密封されていない商品なら箱の状態も撮影します。
開封済みで未使用の場合は、初期傷があるかどうか確認し撮影します。
使用済み中古品の場合の写真
最低この枚数は撮影しアップします。画質によりますが、わかる程度の傷は一目でわかりますよね。このように撮影するとどのような状態のルアーなのか購入したいユーザーが確認することができます。
中古で使用済みの場合は、前・横・上・下・フックアップ画像と傷の画像を撮影します。
メルカリに一覧で表示される画像は、1枚目が表示されるので1枚目の写真は綺麗に撮るように心がけましょう。
販売方法

ルアーの販売方法のおすすめは1個ずつ売ることです。これが一番利益がでます。

まとめて売った方が手間が省けていいのですが、まとめ売ると販売利益は減少します。なので、新品など、売れやすい物は1個ずつ販売しましょう。

まとめてルアーを売るのなら、人気のないルアーや古いルアーと人気のあるルアーを混ぜて販売単価の調整をします。利益も安定してでますし、不要なルアーも販売できるので上手に見極めてまとめてセット販売しましょう。

発送

新品未開封の発送の場合は、ゆうゆうメルカリ便だと厚さで発送できないパターンがあるので注意が必要です。

出典 メルカリHP

その場合は、定形外郵便で発送します。箱なしルアーを発送するなら、定形外郵便が一番安く送れます。ただ、ルアーはフックがあるのでプチプチでしっかり包装しフックがでないように梱包しましょう。

定形外発送の場合は、自分の住所を記載しなければ発送先の住所が間違っていた場合、宛名不明で返って来る時に必要なので記載しましょう。

ワーム編

ワームを出品する時の注意点は

  1. 新品未開封か開封済みか
  2. ワームの劣化
  3. 針刺済みがあるかどうか
  4. 入数
  5. カラー
  6. パッケージの液漏れ

ワームは比較的に出品しにくい分類だと思います。理由としては、新品未開封なら問題ありませんが、ワームの針刺済みの有無を確認しなければなりません。これはとても重要で、針刺し済みのワームが入っていることでほぼ価値がなくなります。自分で使用する分にはいいですが、購入したいユーザーは針刺しのない状態で使いたいわけですからね。

新品未開封の場合

パッケージ全体が入るように撮影します。同時にカラー表記がある場合には写真は一枚で問題ないと思います。もし、カラー表記が裏面にある場合はそちらも忘れずに撮影しましょう。

開封済み、中古品の場合

まず、針刺しがあるか確認したのちキッチンペーパーやティッシュにワームを並べてパッケージと一緒に撮ります。もしこの時に針刺しがあった場合は、商品説明欄に記載した後に別途写真を撮るか破棄するか決めます。

並べて撮ることによって本数の確認もできますし、購入するユーザーが安心して購入することができます。

販売方法

ワームの販売方法でおすすめなのはセット販売になります。理由としては、ワーム自体の単価が低いのと、重量がある為1袋で出品した場合送料だけ高くついてしまいます。

ワームに関しては、メーカーを統一してセット販売するか人気・不人気をまとめてお買い得感を出して販売するようにしましょう。

リール編

リールの出品に関して重要なポイントは

  1. 箱・付属品有無
  2. リールの傷の有無
  3. ゴリ・シャリ感の有無
  4. 使用年数
  5. 海水での使用の有無

リールはワームやルアーと違い釣りにおいて重要な部分の物になります。

リールは、メンテナンスをしているかどうか使用頻度によってリールの状態がかなり変わってきます。見た目の外装が綺麗でも内部が錆びていたりすることもあります。また、シマノのDCシリーズは電子部品が使われているので使用頻度が多い場合は出品しない方がいいかもしれません。

ここで重要となるのは画像で確認できる部分をしっかりと撮ることです。内部部分に関しても撮れる範囲であれば写しておくことが重要です。

その他に関してのことは、商品説明蘭にて細かく説明しましょう。

リール全体の画像をしっかり写し、傷の有無がわかるように写真を撮ります。その時に、光の加減で傷が見えたり見えない場合があるのでコメントにてしっかり書くようにしましょう。

内部や使用状況は説明欄にて誤解の内容に記載します。
販売方法

リールは箱・付属品があるほうが価格が売れます。リール本体も重要ですが、付属品にも付加価値がついている印象があります。

箱・付属品がない場合でも値段が高くなる場合は、リール自体に傷がなく美品であること。また人気リールであり最新作リールであることが条件です。

付属品がある場合は、価格を相場より少し高めに設定しましょう。

ロッド編

ロッドの出品にあたり

  1. ロッドにクラックがあるか
  2. ガイドの状態
  3. グリップの状態
  4. 致命的な傷の有無
  5. 付属品の有無
  6. スレッドの状態

ロッドを出品するにあたり特に重要なのは、ロッドに致命的な傷があるかどうかです。また傷が多すぎても売りにくくなるので写真で撮る場合は、傷がある場所をできるだけ詳細に撮りましょう。

グリップ部分とロッド表記がされている部分を一枚目に設定します。また、ガイドのスレッドの浮きがあるかどうか気になるユーザーは多いです。また、バッド部分に傷がある箇所は見える範囲は撮るようにしましょう。

ロッドが折れるような致命的クラックがある場合はジャンクで出品しましょう
販売方法

ロッドの販売は基本的に1本での販売になります。複数のロッドをまとめて出品するには発送がとても大変になります。

理由としては、1ピースロッドの場合発送できる業者が限られているのと、送料が改定されてかなり高額になっています。現状1ピースのロッドで取り扱いがある業者は大手なら【佐川急便】になります。しかし、送料が高額になる為ピースロッドは非常に売りにくい状況になっています。

そこで現在特に需要があるのが、2ピースロッドやパックロッドになります。2ピースロッドやパックロッドになると送料がかなり安くなりますし、売りやすくなります。現在、2ピースが主流になっているので今後各社2ピースがメインで販売してくると思われます。

また、ロッドの袋・保証書関連が付属して販売した場合は通常の販売相場より高めに設定しましょう。保証書に関しては未記入品があったりしますが、未記入だと対応されない可能性があるのでその旨も説明文で記載しましょう。

発送方法は、基本的に1ピースロッドだとボイド菅や塩ビを使用します。

ホームセンターで販売していますが、取り扱いのない店舗もあるので確認が必要です。また、しっかりプチプチで梱包しボイド菅の中で動かないように固定しましょう。

2ピースロッドの場合は、段ボールを三角形の形を作り梱包します。勿論ボイド管でもいいですし好みで選んでいいと思います。

まとめ

メルカリで釣具を販売する上でのポイントをまとめてみました。とにかく、販売したい側が如何にわかりやすく販売するかが、売れるか売れないかにかかってきます。

参考にしていただいで、メルカリでしっかり売って新しい釣具の購入費用にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました