自己紹介はこちら
スポンサーリンク

ルアーの保管にはフックカバーをつけよう

釣りの雑学
この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。

motoです。

 

みなさんは、ルアーのフックカバーを使用していますか?

 

↓そうこんなの。

 

結構、使っている方もいれば使ってない方もいると思います。

 

僕は、あまり使用頻度のないルアーには使用していませんが、もう一度考え直す機会として今回は、フックカバーの重要性についてお話ししたいとおもいます。


ルアーフックカバーの目的

ルアー本体の保護

 

まず、フックの先は尖っており、刺さりやすい構造になっているのはご存じだと思います。

フックとルアーは必ず必要不可欠であり、外すことができません。あたりまえですね、フックがないと釣りになりません。

 

傷がつく要因としては、釣りをする場合

ルアーとフックがキャスティング時に、ルアー本体に当たり複数回重ねることにより傷がついていきます。

これは、仕方のないことなので防ぐことはできませんが、もう一つ傷がつく場合があります。

 

タックルボックスの保管時ですね。

タックルボックスには、いくつかのルアーが収納されていると思います。

 

この複数個のルアーの針が干渉することにより、ルアー本体へ傷がついていきます。

 

また、おかっぱり等【足】を使い移動する場合、ボックス内が揺れそれにより、傷がついていきます。

 

フックカバーをすることにより、保管時のルアー本体の傷を防止する対策となります。


 釣行時の時間短縮

釣行時に、タックルボックスの中に複数ルアーを収納しているとよく絡まると思います。

 

それが、タイムロスになっているって気にした方はいますか?

 

仕事・学業等時間が限られた中で、釣りを行っている方が大半だと思いますが、その絡まったルアーチェンジを繰り返すことによって一日何回キャストできるでしょうか?

 

フックカバーを外すのがめんどくさいと思われる方もいると思いますが、フックを外す時間より絡まったルアーを外す方が時間がかかるのは目にみえますね。

また、絡まったルアーをガチャガチャ外すことにより、ルアー本体に傷がついていきます。

 

悪循環ですよね。フックカバーを使用し時間効率を上げキャスティングする回数を一回でも多くした方が、釣果に繋がると考えます。


デメリット

フックが指に刺さる

フックカバーを外す際に、勢いよく外すことにより指に刺さる可能性がでてきます。

 

【かえし】まで刺さることはないと思いますが、釣り針の先が刺さる可能性は高くなります。

 

それを解消するのは、フックサイズによってフックカバーのサイズを変えることが重要と考えます。


錆びる

また、保管状況により錆びる可能性があります。これは、フックカバーをし使用していない場合でもありえますが、カバーをすることによってムレが生じ錆が発生してきます。

使用後、水分をしっかりとってカバーを付けると錆びることなく使用することができます。

めんどくさいですが、高価なルアーを使用しているので一個一個大切に使用していきたいですね。


まとめ

僕も、なるべく使用している方だとは思いますが、まだまだルアーの数に対してカバーの総数が少ない現状があり

使用していないいないルアーが多々あります。

 

今後は、自分自身を見直し今後使用頻度を上げ使用していきたいです。

Twitterやってます。フォローお気軽にどうぞ

 

タイトルとURLをコピーしました