自己紹介はこちら
スポンサーリンク

ダウンショットリグの仕掛けと生みの親

釣りの雑学
この記事は約3分で読めます。

こんばんわ。

またも後輩が転勤してしまうmotoです。

 

もう人がいないのに。。ふざけっ。。。。(心の声)

 

 

さて、バス釣りの中でも超メージャーリグのダウンショットリグ。

ダウンショットがあれば釣れない魚はないと言っても過言ではありません。

今日はダウンショットリグについて色々まとめていきたいと思います。


ダウンショットリグの生みの親

 

ダウンショットリグを考案した方をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

ダウンショットリグは常吉リグとも言われます。

 

この常吉リグ=ダウンショットリグは、村上晴彦さんが考えた仕掛けになります。

この常吉リグは

「常に吉と出るように」と意味を込めて名付けられました。

なんかお願い事みたいな感じですが、結果としては吉とでることが多い仕掛けになってますね!

いやぁ、さすがです!


フック

ダウンショットを使用する場合!オフセットかマスバリになります。

 

オープンウォーター→マスバリ

水中に藻が滞在→オフセット

 

上記などの使い方により、フックの使用を変更していきます。

 

子バス釣るにはマスバリで。( ^)o(^ )


シンカー

僕らの時代には、ダウンショット専用シンカーなど発売されていませんでしたが、今はダウンショット用等発売され、便利な世の中になりましたね。

 

 

当時は安い鉛のガン玉を使用していました。

 

底まで落として使用するのでロスする可能性が高くなります。

 

僕はオカッパリ時には、ガン玉。

ボートの時はタングステンを使用して使い分けています。


ダウンショットに最適なワーム

ジャッカル フリックシェイク

僕が基本使うのはジャッカルフリックシェイク

 

ワームの真ん中にマスバリを指し使用しています。

多分、結構使われてる方は多いと思いますが、かなり釣れますね。しかも、サイズも豊富なのでサイズ別に1づつ持っていれば、釣果を逃がすことなく上げることができるかもしれませんね。


ゲーリーヤマモト 3inchグラブ

この3inchグラブはサブ要素として使用しています。

 

この、ゲーリーの3inchグラブをダウンショットで使うオススメな点は、

アピール力は強くありませんが、シンカーとフックの長さを調整してズル引きで使用します。

アクションを加えることなく、ズル引きで使用できます。

 

しかし、点シェイクなどそのポイントで絞って狙う場合は不向きかもしれません。

 

 

でも意外に釣れるんで是非使用してみてください。

 

ジグヘッドも最適です。


まとめ

ダウンショットリグの生みの親、村上晴彦さんが作ったことを知ってる方は少ないと思います。

当時も、知らず知らずの内にダウンショットが定着して使用していましたもんね。

 

シンカーの重さによってはフィネスで攻めるのも楽しいですね。

タイトルとURLをコピーしました