自己紹介はこちら
PR

【まとめ】チニングに代用できるロッドとおすすめはこれだ!

アフィリエイトを使用しています。

チニング【チヌ釣り】
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
moto
moto

ロッドが代用できるのがいいですよね。

どうもmotoです。

チニングについて調べまくっています。何故かこう頭の中はちぬのことばかり。。。ってことはないですが、チニングも極めたいと思い勉強中でございます。

チニングは専用ロッドもリリースされていますが、他のロッドで代用できる点も、気軽にチニングができる要因になっていますよね。

ただ、チニングをするにあたり専用ロッドを買おうまで至ってない方には、バスロッドやエギングロッドなど代用できる特徴や種類についてまとめていきたいと思います。

では、どうぞん!

スポンサーリンク

チニングロッドとして代用できる条件

調べるうちにわかったことは、チニングロッドとして代用できる点があることがわかりました。

極端に言えば、【なんのロッドでも対応できる】なのですが、チニングをしやすいロッドの特徴があります。

ロッドの長さ

長さに関しては、7フィート後半から8フィートまでがおすすめになります。

7フィートクラスの長さは、ルアーの操作性と飛距離を両立する長さであり、操作性を重要視する場合は、短いロッドを選択することで操作性はロングロッドより向上します。

ロッドの硬さ

チニングロッドのおすすめの硬さは

  • L【ライトロッド】
  • ML【ミディアムライトロッド】

がチニングに対して扱いやすいロッドになります。

使うルアーなどによって扱う硬さは調整し使うのがおすすめです。MLが汎用性は高いです。

ML【ミディアムライト】ロッドであれば、比較的にどのルアーも対応してくれます。

ロッドスペック

ロッドはティップがよく曲がる【ファーストテーパー】がおすすめです。

ファーストテーパーはルアーを繊細に扱いやすく、アクションも思い通りにしてくれるロッドになります。

また、チヌは小さなアタリを出すことも多いのでファーストテーパーのメリットのアタリを取りやすい傾向があります。

その他にも、【ソリッドティップモデル】もおすすめです。

ソリッドティップは食い込ませることが得意なティップになるので小さいアタリも抜群の食い込みを見せたり、ワームを使ったズル引きにも押しおすすめです。

チニング代用ロッドおすすめ

では、おすすめのチニング代用ロッドを紹介します。

いろんな魚の専用ロッドもチニングにも流用しやすいモデルをまとめていきます。

ハートランド HL83MSB-SV AGS21 ドットスリー

M【ミディアム】ロッドになりますが、ティップ部分が繊細に扱うことができるますし、長さも申し分ないためチニングにもおすすめです。

ハートランド 751HRB-SV AGS19

僕が、メインでチニングに使用しているロッドになります。
基本的に、巻物を中心として使用しているのでMH【ミディアムヘビー】クラスのロッドでも問題ありません。

ゾディアス【268ML】

シマノ ゾディアス 【VERSATILE SPIN】268ML的確なフッキングレスポンスと幅広い操作性。操作性と遠投性、パワーをバランス良く備えたセミロングスピン。ライトリグを自在に操れる繊細なソフトティップと、フッキングをしっかりと決めるバットパワーを兼備しています。

メガバス デストロイヤー F3・1/2-72XS

広大なフィールドにオンリーワンで立ち向かう、デストロイヤースピンのフラッグシップモデル。「ウインドバスター」は、軽量リグから、小型バイブまで、通常のベイトキャスティングでは躊躇する、強い向かい風が吹き晒す環境下でも、バックラッシュストレスから解放されたスムーズなロングディスタンスキャストを展開。

テイルウォーク アジストSSD【710】

アジング用ロッドになりますが、軽量で高感度が特徴のフィネスモデルになります。

遠投モデルであるため、チニングで行う釣りでも問題なく使用できます。

まとめ

チニングはとても楽しい釣りになります。ロッドだけでなくルアーも代用できるものが多いので気軽にチニングを楽しむことができます。

まずは、チニングで代用できるロッドを見つけてバス釣りと兼用なども楽しいですよ!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました