自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【朗報】釣具メーカー(常吉)と村上晴彦氏に進展?

釣りコラム
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

どうなんでしょうね。。

どうもmotoです。

なんか、SNSで盛り上がってる情報があったので見てみたら釣具メーカーの【常吉】サイト側が更新されていました。

確かに、以前にHPをみたときにはこのような記事が載っていなかったので新たに何かしらの進展があったことが間違いなさそうです。

今回は、これについてまとめていきたいと思います。

常吉サイト更新

弊社株式会社常吉と村上晴彦氏(以下「村上氏」)の件に関して、村上氏が不正を働いたかのような記事ないし書き込みが残っています。

しかしながら、当時、弊社において調査したところ、村上氏が不正行為を行っていたとの事実は存在しませんでした。弊社の当時の経営陣の中に個人的に同氏と対立していた者がいたこともあり、弊社の正式な調査による事実確定前に、未確定な情報を発信してしまったため、村上氏にはご迷惑をおかけすることとなりました。また、村上氏の弊社代表取締役辞任などの諸問題についても弊社と村上氏との間ですでに円満な解決に至っております。

今後、弊社株式会社常吉が保有している意匠、版権、販売権その他の権利を、村上氏に段階的に譲渡し、最終的には、日本国内法人としての「株式会社常吉」は閉鎖するという形での村上氏への事業承継を行う運びとなりました。

弊社としては、弊社の製品ないし知的財産権など弊社事業資産を村上氏に承継し、常吉というこれまで確立してきたブランドを後の世代にも末永く承継していきたいという思いを持っておりますので、今後とも末永くご支援とご協力を下さいますようお願い申し上げます。

引用 常吉 HP

株式会社 常吉 TSUNEKICHI inc.
株式会社 常吉は釣具ルアー製造販売、フィッシングビデオ製作販売をおこなっております。

これがHPに記載されていた全文となります。知らない方は、元記事がな為のですがこの問題に関して、2012年時点で記事にされているブログ【ぬりちゃんの休日、徒然】さんがまとめておられます。

 

元記事がないのと、詳しい詳細は全くわからないまま現在までなっていまいした。確かに、表に出るような話ではないですからね。

ただ、この2020年のタイミングでこのように常吉側から発表があったってことは、個人的に思うのは、以前から何かしらの動きは続いてたんだろうと思います。

いきなり、前触れもなしでこのような発表をすることはないと思います。

文面から見ると、常吉側が非を認めた側の書き方には捉えることができましたね。

会社概要など見ようと探しましたが、サイト上にはありませんでした。

SNSでは常吉復活と話題?

SNSでは、すでに常吉復活か?と話題になっていますね。確かに、一誠が好きな方や常吉が好きだった方からすればとても嬉しいことだとは思います。

しかし、現状で復活は断定するには早すぎますよね。

個人的には、常吉は復活しないと思っています。

個人的な考察

ここからは個人的な、勝手な考察です!

理由としては、株式会社常吉の閉鎖をすると名言されているため常吉としての商品販売はないと思われます。

ただ、【意匠、版権、販売権】その他の利権を譲渡する、また弊社の商品ないし知的財産権など弊社事業資産を承継とあります。

なので、今まで常吉で販売されていた商品を一誠として販売することはできるようにはなりますよね。ただ、それを村上晴彦氏がそのまま発売するとは思えない印象があります。常吉として発売した商品ですからね。

常吉商品で発売されたルアーをさらに改善し、今の時代のスタイルに合わせるようにリニューアルしたモデルが発売されるかなと思っています。

個人的には、常吉商品がそのまま一誠の名で発売して欲しい気持ちもあります。実際に、常吉も村上晴彦氏がこだわり抜いて作られた自分のルアーですからね。

moto
moto

HanHan Trailerは再販して欲しい

まとめ

まぁ、釣り好きな人からすればこういう揉め事に関しては誰も望んでませんし円満に解決したと発表はされているので、よかったとは思います。

ただ!!現時点(2020年7月30日時点で)村上晴彦氏からの発表は何もないので常吉側の発表だけなのでなんとも言えません。

今後、村上晴彦氏から何かしらの発表があればいいですね。

タイトルとURLをコピーしました