自己紹介はこちら
PR

【考察】2023年ダイワ新製品[IMZ]みんなはどう思う?デメリットも・・実際触ってみた

アフィリエイトを使用しています。

インプレ
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
moto
moto

デジタルの時代ですね。

どうもmotoです。

2023年のフィシングショー大阪を始め、各県で釣りのフェスティバルが開催されていますね!

コロナ落ち着いてはいませんが。。もうキリがない感じですよね。

続々と各釣りメーカーが新製品を発表されていますが、かなり注目されているリールがありますね。

ダイワの【IMZ】リミテッドブレイカー

僕も今はメインはダイワなので気にはなっています。

次世代リールと言われており、ダイワとしてもかなりの自信を持って発売するでしょうしHPもかなり気合が入っていますよね。

ほぼ電子機器なのですが、メリットもありデメリットもあるのが事実です。

いいところしか見えないかもしれませんが、デメリットの部分もしっかり把握しておかないと高額リールなので残念な気持ちになるかもしれません。

そこで今回は、IMZについてまとめていきたいと思います。

※フィッシングショーで実際に聞いてきました。

では、どうぞん。

スポンサーリンク

ダイワ IMZ リミテッドブレイカー

 スペック

製品名IM Z LIMITBREAKER TW HD-CIM Z LIMITBREAKER TW HD-C
アイテム名XHXHL
巻き取り長さ100m/ハンドル一回転100m/ハンドル一回転
ギア比8.48.4
自重250g250g
最大ドラグ力7kg7kg
標準巻き糸量ナイロン:16lb-125m
PEライン:4号-100m
ナイロン:16lb-125m
PEライン:4号-100m
スプール径38mm38mm
ハンドル長さ95mm95mm
ベアリングボール12/ローラー1ボール12/ローラー1
バッテリー容量410mAh410mAh
バッテリー充電時間約90分(付属USB使用時)約90分(付属USB使用時)
連続投擲数約700投約700投
使用環境動作温度:0〜40度
充電温度15〜30度
動作温度:0〜40度
充電温度15〜30度
搭載ブレーキINTELLIGENT MAGFORTH(スタンダードモード)INTELLIGENT MAGFORTH(スタンダードモード)
メーカー希望
本体価格
12,5000円12,5000円
付属品簡易取扱説明書、ワーニング[スタートガイド]、充電コード[USB type-C]、リールケース簡易取扱説明書、ワーニング[スタートガイド]、充電コード[USB type-C]、リールケース
生産国日本日本
  • Bluetooth®仕様
  • 対応OSAndroid11以降 / iOS13.0以降
  • 通信方式Bluetooth® Low Energy 5.0
  • 最大通信距離約10m
  • 使用周波数帯域2.4GH z 帯

特徴

フィッシングシーンに、
新しい価値を。

これがIM Z LIMITBREAKER TW HD-Cプロダクトチームの合言葉だ。
釣りにおいて、魚を掛けてから手にするまでの
わずかな時間だけを楽しんでいる人は少ないだろう。

もっと言えば、釣場で過ごす時間だけでなく、
そこへ向かう道中のわくわく感も、
釣具店での買い物も、自宅での釣行準備も、
すべてひっくるめて“釣り”は楽しい。

引用 DAIWA HP

完全にデジタルなリールですね。シマノも【DC】ブレーキを搭載していますがそれとは完全に別物と考えていいと思います。

IMZは完全に電子機器ですね。

Bluetoothが搭載されておりスマホのダイワのアプリと連動しなければ意味がありません。

理由としては、ダイワアプリで各種を設定するからです。

  • 製品登録・初期設定
  • MY history
  • MYDATA
  • setting

製品登録・初期設定とは?

IMZとスマホをペアリングするとで登録できるようになります。

これにより、オリジナルの登録名やライン設定ができます。ブレーキモード(PE/BRAID、LONG CAST、MAX BRAKE)を設定するとIMZへデーターが送信されるシステムになっています。

STANDARD MODE LED:ライトブルー

STANDARD MODE
LED:ライトブルー

出典 DAIWA HP

MY historyとは?

ここでは、アプリ内でIMZを使ったデーターを見ることができます。

  • 使用した日
  • タイムライン
  • トータルキャスト数
  • トップ5の飛距離など。。

1日の釣行データーを確認することができます。

世帯持ちの方にとっては、奥さんにこのアプリを見られると隠れて釣りに行っても釣りに行ったことがバレますねっw

MYDATA

使い込んだ累計データーが集計される画面になります。

総キャスト数や最大飛距離など、、ブレーキ使用比率や月別釣行履歴が確認できます。

なんか条件を満たすとバッジみたいなんが贈呈されるみたいです。

setting

セッティングでは、詳細設定ができるようになっています。

HPを見ていると一番気になったのが、

新しいブレーキモードが配信される

これに関しては、ブレーキモードが常に更新されていくというのはいいですね。

実際に触ってみて

実際に触った印象としては、結構なサイズ感がありました。完全に【Zシリーズ】の後継機なんだと感じました。

なので、パーミングした時に手の小さい方には向かないかもしれません。

ボタン部分はゴム製品?に近い感じがしましたが押しづらいい感じはありましたね。

デメリットは?

結構最先端な部分ばっかりが目が行きがちだと思います。

しかし!落ち着いてください。今回はただのリールではないんです。充電するということは、電子機器になるんです。

バッテリー

まずは充電切れですね。公式では700投キャストすることができると書かれており、2日に一回程度になっていますがもし充電を忘れているとアプリとの無線通信は不可になります。

この状態になると、ブレーキモードの設定が変更できません。IMZの特徴であるintelligence magforceを体感できなくなります。

自動的にマグフォースに切り替わるようになっています。

そのまま釣りをすることはできますし問題ないかもしれませんが、問題はバッテリーがどのくらいで劣化するのかです。

iPhoneを使っている方ならわかるかもしれませんが、バッテリーって経年劣化すると容量が減少していきます。

IMZがどのようなバッテリーを積んでいるかは分かりませんが、いつかは推奨の容量以下には間違いなくなります。

これが交換できるのか?交換には費用もかかるかもしれませんし無償ではない気がしますよね。

ダイワの方に確認をとったところ、やはりバッテリーの劣化はあるみたいです。そして、バッテリーの交換は可能だそうです。しかし、そこは有償としての対応になりますと回答をいただきました。

海外では使用不可

電波法というのがあり、日本以外では違法となる地区もあります。

海外に持ち込む方は少ないかもしれませんが、ここは注意が必要になります。

動作温度

動作温度は0〜40℃となっています。

極端な低温度や高温度いなるとバッテリー消耗が早くなったり電源が切れる可能性があるみたいです。

夏場なんか、ボート上に置いておくとかなり高温になりますし車に間違って置きっぱなしするとかなりの温度になってしまいます。

かなりの耐久テストをしていると思いますが、電源が切れたりとか、バッテリーが少なくなると不安になりますよね。。

水没

問い合わせの欄に【水没した時の対処法】とありました。

水没?って思いましたが、電源は入れずに即修理がお勧めされています。

これにより、電子回路がショートしたり、製品状態の悪化・データが完全に消去される可能性があるみたいですね。

実際に聞いてきた内容では、バケツなどに水に浸かってしまうと完全にアウトみたいですね。軽く濡れる程度は大丈夫みたいです。

INTELLIGENT MAGFORCE(インテリジェント マグフォース)

出典 DAIWA HP

恐らく、画像を見る限りサイドプレート部分にチップなど電子機器関連が詰め込まれる感じがしますね。

あと気になるのが、サイドプレートが脱着式のところです。

ここはサイドプレートの脱着式にしないほうが良かったと思います。脱着式にすると落とす可能性もありますし、衝撃がどこまで耐えれるのかも気になるとこですね。

購入する方はまず下記にリンクを貼りますので【よくある質問】を見てください。

※2023年4月11日公式が【ヘルプガイド・よくある質問】を更新しました。

Twitterでの評判

充電を差す部分は横にあるみたいですね。

まとめ

ダイワの最新技術が詰め込まれたリールになっていますが、いいところも悪いところもはっきり見え隠れするリールかなと個人的には思っています。

実際に使ってみないとわからない部分はありますが、現状推測する部分では現状の10万越えのリールになるところを考えると今回は僕は購入はしない方向にしています。

フィッシングショーなどで実際に触ってから判断したいですが、意識が釣りではなくリールに気を配りすぎてしまう気がします。

リールは大事に使っていますが、充電・水没・衝撃・アプリ等気にする部分がありすぎで大変そうです。

ただ、データー管理などしっかりしたい人やデジタルな釣りが好きな人にはいいかもしれませんね。

今後使った人のレビューが気になりますね。