自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】元祖クランクベイトといえばメガバス グリフォンSR-X MR-X

インプレ
この記事は約3分で読めます。
moto
moto

中学時代はよくお世話になりました

どうもmotoです。

昔よく使ったクランクベイトといえば、メガバス グリフォンですね。もう数十年前に発売されて以来まだまだ人気のクランクベイトルアーですよね。

しかも、当時は中々手に入らなくてよく【限定商品】として抱き合わせで販売されていたり、高額で販売されていた記憶がありますね。今で言えば、タイニークラッシュによく似た感じ。

本当に、欲しくて欲しくてたまらにルアーだったのですが今は中古で簡単に手に入る時代になりましたよね。

モデルチェンジもされて最近新しく一新されましたが、どうも新モデルよりも旧モデルの方がイメージが強いですね。

そんな、元祖大人気ルアーのクランクベイトのメガバス GriffonSR-X MR-Xについてまとめていきたいと思います。

では、どうぞん。

スペック

■全長:45mm
■重さ:1/4oz.(約 7g)
■潜行深度:SR-X ~1.3m、MR-X 1.5~2.5

特徴的なリップ

グリフォンといえばこの特徴的なリップですよね。これには、当時衝撃を受けましたね。リップといえば【四角形】の形をした物だと勝手なイメージを受けていました。それを完全に覆したのがメガバスのグリフォンですよね。

丸みを帯びたフォルム

グリフォンは他のクランクベイトと比べて小ぶりのクランクベイトになっています。

フロント部分のお腹部分が大きくなっており、リア部分にいくほど極端に細くなっています。

ここまで極端に細くなっているクランクベイトは、当時にはない発送でしたね。また、見た目の可愛さもありますね。

扱える範囲が広い

ウェイトが約7gなのでミディアムライトロッドクラスで使用する事が可能です。流石にヘビークラスロッドでは使用するには難しいですが、それ以下では使用する事が可能です。

また、障害物回避能力も高いのも特徴的です。障害物にコンタクトした時に、ルアーが反転するので、障害物がある場所でもガンガン攻める事ができますね。

なので、小バスからデカバスまで広範囲のバスをキャッチする事ができます。

個人的には、小バスがよく釣れるイメージですね。

カラーが豊富

メガバスといえば、カラーラインナップがかなり豊富ですよね。僕が中学生時代には、【マットタイガー】が人気でかなりの金額がついていましたね。

また、カラーがかなり綺麗ですし現在でもコレクションされている方も多く居ます。

個人的に好きなのは、マット系のグリフォンです。なんか、引きつけらるカラーです。笑

グリフォンの使い方は超簡単

やっぱり特徴的なのは、障害物にコンタクトしつつアクションするのがおすすめですが、ボトムに枯れ葉が溜まっている状況でボトムを攻めるにはおすすめできません。

SR-Xグリフォンの場合は1.3mまでの水深のポイントで使用。

MR-Xグリフォンの場合は1.5m〜2.5mまでの水深のポイントで使用。

上記の2点のルアーの潜行を把握しロッドワークを駆使しながら使用するのがおすすめです。

ただ巻きで釣れる点もいいですね。

まとめ

発売から数十年経った今でも、人気のメガバスグリフォンシリーズですが釣果共に実績があるクランクベイトになります。

見た目のフォルムも可愛いし、カラーも豊富なのでコレクションするのも楽しみの一つですよね。ただ、カラー数は半端ないので全て集めるには相当かかりそうですが。笑

中古でも今では安く手に入るので、いい時代になりましたよね。

タイトルとURLをコピーしました