自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ワームの収納にはナフコオリジナルボックスがおすすめ

タックルボックス
この記事は約3分で読めます。
moto
moto

自社ブランドいいよね

どうもmotoです。

スーパーでも自社商品がよく販売されていますよね。それには、理由があり【高品質で低価格】で販売できる点がかなりメリットとして販売されています。

特に、大手企業に関しては商品開発と企業努力がすごくて高品質の物が多いです。

そこで今回紹介するのが、ナフコで販売されているコンテナボックスの

NAコンテナクリアシリーズになります。

こちらのコンテナシリーズ、ホームセンターでほぼ同じ商品が販売されていますがナフコでは自社商品として販売されています。

このコンテナボックスが、釣具の収納に超便利なんですよね!

そこで今回は、NAコンテナクリアを釣具のワームの収納で使用したレビューをまとめていきたいと思います。

では、どうぞ。

ナフコ NAコンテナシリーズ

今回購入したのが、NAコンテナクリア#25サイズになります。この他にも様々なサイズが販売されています。

  • #7
  • #13
  • #22
  • #25
  • #11
  • #75
  • #45
  • #1.5

の8種類がナフコ公式オンライストアで販売されています。

通常のワームのパッケージは#13がおすすめ

車に収納している、コンテナボックスは#13のサイズになります。

よく、使われているのはこのサイズが多いですよね。通常で販売されているワームの横幅もほぼピッタリなので、ワーム系はこのボックスを収納しています。

プラパッケージ系のワームには#25

僕がよく使うギルフラット等大きめのプラスチック入りケースのワームには#13には使用しづらい印象があります。

プラスチック入りのワームパッケージは便利なんですが、これがストックしだすと収納が難しくなっていきますよね。これに便利なのがコンテナの#25。

因みに、蓋の淵にはメジャーがついています。

上記の画像のように、ギルフラットは縦に収納しても丁度よく収納できるます。

ギルフラットジュニアは横に収納することでピッタリ収納することもできます。勿論、縦にしてもいいし、余った場所には違うワームも収納することができますし、タックルボックスを入れ込むことで小分けしたものも分けることができます。

使いた方次第では、ハードルアーのストックを入れたりいろんな使い方ができるので自分なりアレンジできますね。

まとめ

ナフコの公式オンラインサイトで販売されている価格は税込み1097円になりますが、これだけの収納量があり綺麗に整理したい方には是非おすすめだと思います。

基本的には、釣具以外でも工具なども収納できますし同じ大きさのコンテナボックスだと綺麗に重ねることもできます。

プラスチック系のワームを収納で迷いの方にはおすすめですよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました