自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【知識】フリーリグとは?使い方と特徴を説明!

釣りの雑学
この記事は約5分で読めます。
moto
moto

結構このリグ好きですよ

どうもmotoです。

僕がバス釣りを始めた時代から時は進みましたが、それまでに色々なリグが発明・開発されていきましたよね。

まぁ、特に驚いたのが【アラバマリグ】ですね。バス釣りを再開した時に初めて見た時は衝撃を受けましたね。笑

話はそれましたが、リグの中でも結構使用頻度が高いリグが【フリーリグ】

フリーリグってなんぞや?って思う方もいるかもしれませんが、簡単にリグを作ることができ且つアクションが良いいのが特徴です。

今回は、フリーリグの使い方と特徴についてまとめていきたいと思います。

では、どぞぉん!!

フリーリグハードルアー編はこちら

フリーリグとは?

フリーリグの発祥は韓国だと言われています。が!昔から使用していた方はいたかもしれませんね。海釣り用の仕掛けに使うオモリがありましたが、これで代用できます。

バスプロが使い初めてバーっと広がった感じですね。

フリーリグの特徴

引用 fisharrow HP

特徴としては、シンカー部分が固定されていない点。シンカーが固定されていないために、シンカーが自由に動くことができできます。所謂シンカーが【フリー】状態になるわけです。

シンカーがボトム着底するまでは、シンカーの重さでワームのフォールスピードは早いですが、シンカーがボトムに着いた瞬間にワームのフォールスピードが一気に遅くなります。この状態がノーシンカーの状態になります。

フリーリグのメリット

フリーリグが活躍する状況としては、ストラクチャー狙いまたは、ヘビキャロの代用として遠投。また、風が強い日などもベストです。

ストラクチャーを狙う際にはタイトに攻めたい時や、水中の沈み木などにも積極的に攻めることもできます。

また、直リグ同様にボトム感知をしっかり感じることができます。

極端に言ってしまえば、リーダーレスのライトヘビキャロです。フリーリグだとリグの仕掛けも簡単にできますので野池等小規模な場所では、フリーリグがおすすめです。

フリーリグの仕掛けの作り方

フリーリグはホントに簡単!

フックを結ぶ前に、【スティックタイプのシンカー】をラインに通すだけ。

おすすめシンカー

琵琶湖で大流行のフリリグに豊富なラインナップが登場!
フリリグはもちろんヘビダンやジカリグにも使える強化ステンレスローリングアイ採用!

引用 fisharrow HP

moto
moto

一番使いやすいタイプのスティックタイプのシンカーになります。フリーリグだけでなく、ヘビダンにも使える点もベスト!

迷ったらこれ買っとけば間違いない。

シンカー直付けリグや、フリーリグ等でも使用する事が出来る。ルアーのスナップやスプリットリングに装着すれば、浮力調整用ウェイトとしても使用する事が出来る。多目的な使用が可能な、高性能シンカー。

引用  RYUGI HP

おすすめワーム

一誠issei ギルフラット

moto
moto

春の琵琶湖、ギルフラットのフリーリグで釣果がかなり出ていますね。野池でもおすすめのワームです。

 

デプス ブルフラット

moto
moto

ブルフラットもフリーリグおすすめです。基本的には、3インチサイズ・3.8インチサイズがおすすめ。

OSP ドライブSSギル

moto
moto

フォールアクションがかなり特徴的。フリーリグの特徴を生かして更にアピール力が増しバスにアピールします。

 まとめ

簡単にセティングできるフリーリグ。

アクションも、ノーシンカーアクションを演出することもでき、根掛かりも気にせずにストラクチャーをタイトに攻めることができます。

琵琶湖でもかなりの実績のあるリグですので、この機会に是非使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました