自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】デュエル ハードコアバイブレーションで深いレンジを攻略

DUEL YO-ZURI
この記事は約7分で読めます。
moto
moto

こだわりのバイブ

どうもmotoでしゆ。

低水温状態のバスを釣るのってかなり難しいですよね。釣りに行く前は、やる気満々で行っても釣れなくて心が折れる。。

そんな経験をした方も多いと思います。

しかし、そんな中でも釣っている方は勿論います。真冬の極寒期だけでなく、冬から初春や、ディープレンジの深いポイントを攻める時におすすめなのが

DUEL ハードコア バイブレーションシリーズ

ただのバイブレーションではなく、独自の特徴を持ったバイブレーションルアーになります。

そこで今回は、デュエル ハードコアシリーズのバイブレーション

  • HARDCORE FLASI’N VIBE65S
  • HARDCORE VIBE75S
  • HARDCORE X SILENT VIBE

の3種類のルアーの特徴や使い方についてまとめていきたいと思います。

では、どぞぉ

デュエル HARDCORE FLASI’N VIBE65S

スペック

  • タイプ シンキングモデル
  • サイズ 65㎜
  • 重量 20g
  • リングサイズ#3
  • フロントフックサイズ#4
  • リアフロントフックサイズ#6
  • 飛距離50m+α
  • レンジ AllRANGE

カラー

BCL引用 デュエルHP

ブルーバックチャート

CF引用 デュエルHP

クローフィッシュ

CSH引用 デュエルHP

シトラスシャッド

HBG引用 デュエルHP

ホロブルーギル

HBSN引用 デュエルHP

ブルーシャイナー

HGSN引用 デュエルHP

ゴールデンシャイナー

MFN引用 デュエルHP

マットフナ

MGSA引用 デュエルHP

メタリックゴーストアユ

PHSH引用 デュエルHP

パールホロシャッド

SBG引用 デュエルHP

スケルトンブルーギル

特徴

センドウタカシ プロデュース
メタルバイブでも釣れない
低水温期のデカバスを獲る!

トリプルミラーボディ採用
ヘビーウェイト仕様により、一段深いレンジを広範囲に攻略
障害物回避能力を高めるスクエアヘッド
メタルバイブでは真似できない、ボトムスタンディングとシミーフォール

引用 ハードコアHP

デュエル HARDCORE VIBE75S

スペック

  • タイプ シンキングモデル
  • サイズ 75㎜
  • 重量 23.5g
  • リングサイズ#3
  • フックサイズ#4
  • 飛距離50m+α
  • レンジ AllRANGE

カラー

現在2020年公式で公表されているカラー総数は10種類

BCL引用 デュエルHP

ブルーバックチャート

CF引用 デュエルHP

クローフィッシュ

CSH引用 デュエルHP

シトラスシャッド

GPCL引用 デュエルHP

ゴーストパールチャートバック

GSPS引用 デュエルHP

ゴーストパールシャッド

GT引用 デュエルHP

ホロテネシーシャッド

HGSN引用 デュエルHP

ゴールデンシャイナー

MGSA引用 デュエルHP

メタリックゴーストアユ

NBG引用 デュエルHP

ナチュラルブルーギル

PUCL引用 デュエルHP

パープルバックチャートリュース

特徴

深いレンジキープと複合サウンドでディープや
カバーに潜むバスを直撃!

トリプルミラーボディ採用
ダブルタングステンボール採用
スチールボールとの複合サウンドでビッグバスにアピール
ダブルタングステンボールと低重心ウエイトにより
通常のバイブレーションより深いトーレース可能
ボディの強度UPと不規則サウンドを演出するラダーリブ構造

デュエル  HARDCORE X SILENT VIBE

  • サイズ:70mm
  • 自重:18g
  • タイプ:シンキング
  • フック:#6
  • リング:#3
  • 飛距離:40mプラスα

特徴

  • タフな状況に強いサイレント仕様
  • 強く美しいパワーコート採用
  • 衝撃・キズ・紫外線に強い
  • バスがセレクティブな状況で差の出るサイレントモデル
  • 三つの機能を一つのボディに凝縮。
  • リアルフォルムよりリアに再現されたベイトフィッシュライクなボディ。
  • サイレント仕様、タフな状況に強いサイレントモデル
  • センターバランスフック、ショートバイトも獲れる貫通性に優れた高強度フックを標準装備。

 

HARDCORE X SILENT VIBEとHARDCORE FLASI’N VIBE65S

2種類の違いは?

左が65S 右がサイレント70S

同じハードコアシリーズですが、異なったタイプのバイブレーションになります。上記左のサイレント70sに関しては、現在HP上では公開されていない為廃盤となっています。しかし、ネットなどではまだ販売されています。

ハードコアのバイブレーションの特徴としては、基本的にディープエリアを攻めることができる使用になっています。その理由としては、ウェイトが重いこと。ウェイトが重いことにより、より遠くに飛ばすことが可能ですからね。

moto
moto

65タイプは手元にないです。すみません。

65Sタイプはセンドウタカシさんがプロデュースしたルアーになりますが、こちらは【シミーフォール】が特徴のバイブレーションになります。

また、上記の二種類に関しては、サイレントモデルとラトルモデルの違いがあります。

個人的におすすめなのはサイレントモデルです。おかっぱりアングラーである僕にとっては、小規模野池がメインなのでラトル系のバイブレーションは控えるようにしています。

時と場合に変更はします。

 

水中で立つことが可能

左が65S 右がサイレント70S

ハードコアシリーズのバイブレーションのもう一つの特徴としては、着底した後に水中で立つことで倒れないので障害物の回避能力が優れています。

ウィードなど、消波ブロックやゴロたに関してはかなり強い印象があります。

ヘッド部分が平らですがリアに行くほどエッジの聞いたシェイプボディーになっているために、動きのピッチがかなり早いです。

ラトル版にするかノンラトルにするか

上記のバスは、真冬にハードコアバイブの70Sのノンラトルで釣ったバスになります。ラトル入りで反応がなかったのでノンラトルに変更したら一発でした。

おすすめのタックルとしては、他社で発売されているバイブレーションより比較的ウェイトが重いためヘビーロッドが一番使いやすい印象です。ミディアムライトだと少し心許ないかな?

ラインは、14lb〜が安心して取り回すことができます。フィールドによりますが、ベースとして14lbで使用するのが扱い安いですね。

使い方は?

基本はただ巻きでOK。ただ、ハードコアバイブ65に関しては、シミーフォールが特徴なので縦の釣りがおすすめ。その他のバイブレーションは、スロー巻きや縦のアクションでボトムを攻めます。

比較的水深のあるフィールドでは扱い安いですが、全体的に浅いフィールドでは少し使いづらい印象です。

ロッドを立てながら引くことで調整することも可能なので、フィールドの状況にあった使い方をしていきましょう。

まとめ

現在発売されいてる、ハードコアバイブレーションシリーズは実質2種類になりますが、廃盤となった70Sタイプは現在でもネットで購入することができます。

一味違ったバイブレーションですので、一度使用してみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました