自己紹介はこちら
スポンサーリンク

いまさら【インプレ】アルファス itoって懐かしい!

ベイトリール
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

オリジナルリールが欲しい

どうもmotoです。

かなり古いリールになりますが、以前購入したまま放置していました。

中古で購入した

【DAIWA×Megabass アルファス】

かなり古く、中古でも8000円くらいで取引されていますね。

性能自体は、アルファスの性能とほぼ変わらないのですが外観が結構な変更点があります。

今回は、外観メインでインプレ・レビューをしていきたいと思います。

メガバス アルファスito

 

商品説明

  • あえて、無処理、無塗装のまま提示されたアルミモノコックフレーム。一切の虚飾を排したストイックな外観は、逆にアバンギャルドな雰囲気さえ漂う。エンジンを整備するように、使用後オイルで磨きあげる…あるいはチューニングを行うかのように、コンパウンド等で研ぎあげる。使い込めば使い込むほど、リールは単なる道具であることをやめ、アングラー自身の一部として魂を宿すことになる。【コードネーム : Ai】=ARTIFICIAL INTELLIGENCE 「人工知能」シースルーカウルから垣間見えるロゴは、伊東由樹氏自身の釣りに対する知能が、このリールに乗り移っていることの証。マシンカットされたインダクトローターは、スプールの回転性能を高め、贅沢なまでに採用された軽量素材は、TD-Zを超える170gという自重をもたらした。「RACING ENGINE」コンセプト使い込まれたエンジンに、魂が宿る。

スペック

  • 巻上量(ハンドル一回転):60cm
  • ギア比:5.8
  • 自重:170g
  • MAXドラグ:4kg
  • ラインキャパシティー(lb-m):12-110、14-100
  • ボールベアリング:6個、ローラーベアリング:1個

外観レビュー

もう10年以上前のオールドリールになりますが、まだまだ現役で使える状態で手に入ることができるのはいい時代になりましたね。

ともあれ、まずは外観からいきます。

特徴的なのは、透明樹脂カバーパーツとアルミが使用されています。当時の170gってかなり軽い分類になりますね。

レベルワインダー部分下も透明樹脂パーツになっています。

ここは、アルミでもよかったと思いますが。。

調べてわかったことなんですが、レベルワインダーのラインガイドがSICでないみたいですね。ここは、気づきませんでした。

これが、透明樹脂カバーになります。割れる可能性がかなり高いです。多数のインプレを確認しましたが結構割れている方がいるみたいですね。

こけたりしたら一発ですね。

ブレーキは、マグフォースVを搭載しています。

所々に赤色がちりばめられているので、アクセントとしてはgood!

使用インプレ

使った印象ですが、うん普通!笑

普通に飛びます。むしろフエゴと変わりないです。

むしろ、かなり古いリールなので購入することがあるとすれば中古になります。こればかりは、【あたりはずれ】がかなり出てくると思います。

しっかり、メンテンナンスをしている方から購入できれば安心して使用することができますが、海釣りで使用して放置していたリールを手に入れてしまった際は発狂もんですね。笑

ただ、【シャリ感】は必ずあると思います。こればかりは仕方ないですね。

むしろ、中古で安く購入してフィネススプールを購入すればフィネスリールとして使えるので、メガバス好きの方はにはいいかもしれませんね。

まとめ

今回、今更インプレした【アルファスito】ですが、10年以上前のリールにも関わらずバリバリ使えるリールになっています。←あたりがよければ

個人的には、TD-Zと代り映えないぐらいいリールだと思いますのでメガバスファンの方、ガンガン使ったりコレクション等にいいですよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました