自己紹介はこちら
スポンサーリンク

いまさら【インプレ】ダイコーロッド 名竿ブルーダー&カリスマスティックが懐かしい

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

懐かしシリーズいいね

どうもmotoです。

最近懐かしのリールやロッド等、僕が10代の頃に使っていた物や使用していた物がここ最近よく触るようになっています。

現代の高性能リールや高価ロッドもいいですが、当時のリールもロッドもいい物が沢山あります。

今回紹介するのは、ロッドです。バス釣りの歴史でロッドを語るには忘れてはいけない

ダイコー ブルーダー&カリスマスティック

ブルーダーも名竿で間違いないと個人的には思っています。

今回は、ブルーダーを懐かしみながらまとめていきたいと思います。

DAIKO ダイコー ブルーダー

当時低価格で高品質

当時のダイコーロッドは、低価格・高品質(コストパフォーマンス)がよく分厚いブランクスが使われていました。当時は、重いと思うこともなく使用していましたが現代の軽量ロッドに慣れてしまうとやはり少し重い感じがしてしまいます。

ただ、リールも当時重かったので違和感は全くなくリールとロッドのバランスがなんでも合っていました。

また、ジョイントグリップ式で使い勝手がよかったですね。

僕が所有しているモデルは6ftミディアム。ティップからバッド部分にかけてしなやかに曲がります。

ミドルクラスロッドの位置付けでしたが、ミドルロッドクラス以上の価値はありました。

ブルーダーといえば青が特徴

ブルーダーといえばこの【鮮やかな青色】が特徴的でした。この頃のロッドで【青色】を使っているロッドは安いっぽいロッドが多かった記憶がしますが、ブルーダーは、そのようなことはなくしっかりしている作りとなっていました。

上記の画像のブルーダーですが、もう20年近く前の物になりますが色あせることなく20年経った物とは思えず色あせていません。

当時流行ったゴールドガイド

画像では見にくいですが、ガイドがゴールドが使用されています。当時のロッドでは、結構主流となっていましたよね。いろんなメーカーが挙って使用していた印象があります。

確かSICリングが搭載されていたような。。(間違っていたらすいません。スペックが調べても出てきませんでした)

当時TD-Zとの相性がよかった

このTD-Zとの相性がよくメインでガンガン使用していましたね。

これが、長さ・硬さといいTD-Zでの相性でテンポよく釣りができていました。当時は、自転車で釣り場まで行っていましたが、自転車でこけるのが心配で仕方なかった記憶があります。笑

ただ、久しぶりにこのセッティングをして写真を撮りましたがこれで

釣りいきてー!!

ってなりましたね。笑

DAIKO ダイコー カリスマスティック

現在、カリスマスティックはシーバス用として使用しています。これが、かなり使いやすいんですよね。7ftヘビークラスロッドであり、粘りと強さがある為シーバスのファイトでもしkかりと対応できています。

昔は、6.3ftミディアムヘビーのラバージグスペシャルが欲しくてたまりませんでしたね。中々、中古ショップでも見かけないのですが見つければ安価で手に入るところもいいです。

 

現在でも、カリスマスティックは人気があり使用している方も多いですよね。それほど、しっかりした作りであり使用しやすいからここまで人気があるんでしょうね。

ダイコーの事業撤退

しかし、そんなダイコーも釣り部門を2014年に事業撤退しました。

弊社は、昭和26年の大分豊後高田工場設立以来63年間に亘りフィッシング業界において事業を展 開して参りました。これも偏に皆様のご愛顧、お力添えの賜物と深く感謝申し上げます。

近年、釣具市場における競争が激化する中で、弊社におきましては、商品力向上とコスト削減により、 競争力強化に取り組んで参りましたが、業績の長期低迷を脱し切れない状況にあります。

このような状況から、弊社は誠に遺憾ながらフィッシング事業を継続することは困難と判断し、平成 26年11月25日に開催した取締役会において、フィッシング事業からの撤退を決定致しました。

なお、今後の対応につきましては、以下の「ダイコーブランド釣具の生産中止に伴う今後の対応につ きまして」をご覧いただきますようお願い申し上げます。

引用 大丸興業株式会社HP

とても残念なことですが、こればかりは仕方ないですよね。。各メーカーも試行錯誤していますが、実質厳しいメーカーも多数おられると思います。

元ダイコーの役員・社員が現在のメジャークラフトを設立したことも大きな打撃を受けたみたいですが真相はわかりませんね。

ただ、アフターケアに関しては2020年3月31日に60周年記念モデル以外は全て終了となります。

まとめ

バス釣りの歴史に1ページを刻んだ、ダイコーブランドロッド

ブルーダー・カリスマスティック。

現在でも中古間で頻繁に取引されていいますし、安価で手に入ることができます。当時手に入れれなかった方もこの記事を見て懐かしく思ったかたは、この機会に是非購入してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました