自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】レイドジャパン GA-611HC Blasterの使い心地は?

ベイトタックル
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

レイドいいね

どうもmotoです。

いつもは、DAIWAのハートランドをメインに使用していますが以前はメガバスを使用していました。

ここ最近では、いろんなロッドを使用してみたいなという気持ちが大きくなっていろんなロッドを実際に手に入れていますw

そこで今回は、【レイドジャパン グラディエーターアンチ GA-611HC Blaster】を実際に使用した印象をまとめていきたいと思います。

レイドジャパンのロッドもいいですね。

では、どうぞ。

レイドジャパン GA-611HC Blaster

スペック

  • Length:6’11 “
  • Power:Heavy
  • Taper:Fast
  • Lure:Wt3/8-1oz
  • Line:12-20lb.

特徴

ワーミングを中心としたパワーゲームをより身近なモノにしてくれるBlaster「ブラスター」。ヘビーロッドでありながら5g程度のシンカーを使用したテキサスリグや高比重ワームのNSリグにおいても、ただ単にカバーに撃ち込むだけではなく、アングラーの意のままに操れる操作性の高さが魅力の1本。負荷に応じてしなやかに追従するブランクス特性と、持ち重り/キャストブレ皆無のガイドセッティングがMIXされ、「掛ける」だけではなく狙いのスポットに対し着水音を抑えたソフトなプレゼンテーションを容易にします。また、ヘビーロッド=カバー用ロッドという図式は過去のもの。1ozクラスのビッグプラグやスイムベイトへの対応能力も高く、適度に入るTIPセクションによってヘビーロッドにありがちなバイトの弾きも軽減。パワーゲームバーサタイルと言っても過言ではない優れた1本です。

引用 レイドジャパンHP

インプレ

軽さ

持った感じのフィーリングはかなり軽い!!基本的には、ハートランドは重い分類のロッドなので持った感じは軽いなーって印象が強かったですね。

リールバランスに関しては、今回はメタニウムDCを装着しています。

メタニウムのリールの重さが約190gなのですが、ロッドとのフィット感は抜群です。

これ以外の軽いリールを装着すればまた違った印象を受けるかなと思います。

操作性

操作性に関しては、ヘビークラスロッドなので使い勝手はかなりいいですね。バッド部分はしっかりしており、ティップ部分までのバランス感は結構いいかなと思います。

テキサスリグや、ラバージグなどの操作性に関してはキビキビしたアクションができます。

ただ、個人的な印象としては巻物に関してバスが食った時に【弾く】んじゃないかな?と印象も受けました。

これに関しては、ティップ部分からバッド部分まで固めに作られているので食い込み感に関しては厳しめかなと思います。

だからといって、巻物をしようできないこともありませんしバーサタイル系に近いですが、打物系やジグ系が好きな方にはおすすめかなと思います。

特に、3/8ozクラスのシンカーに重めのワームの操作性は◎ですね。

ソリッドティップ化に変更

ティップ部分から4番ガイドまでソリッドティップに変更しています。

マイクロガイドを付けて、ソリッドを活かせるようになり【パワーベイトフィネス化】になっています。

このグラディエーターアンチブラスターのソリッドティップ化をしたことにより、ワーミングゲームの幅がかなり広がった印象があります。

  • バッドパワー
  • 軽さ
  • ソリッド搭載による食い込み

により、新たに違った楽しみができるパワーベイトフィネスロッドになりました。

ノーシンカーやネコリグもキャストできるようになり、幅が広がりました。

因みに、もしする方がいるならかなりベテランの方じゃないと難しいと思います。笑

もし、ジャンク品で販売されているものをみつけたりしたら試しにしてみるのもいいかもしれませんよ。

まとめ

今回、レイドジャパンのグラディエーターアンチ GA-611HC Blasterのインプをしましたがレイドジャパンのロッドの中でも安価に手に入る分類になりますし、ワームゲームが好きな方は特におすすめになります。

キビキビしたアクションを演出したりするには抜群のロッドですよ。

タイトルとURLをコピーしました