自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【釣行記】3月17日 久しぶりのデカバス!

千種川
この記事は約2分で読めます。
moto
moto

お久しぶりの釣り

どうもmotoです。

長らく釣りに行っていませんでしたが。。やっとこさ寒さも和らぎ、春バスを釣るために釣りに行ってきました。

緊急事態宣言も解除されたということもあり、千種川に釣りに行きました。

事前の情報によると、すでにランカーサイズのバスがちらほら釣れているみたいなのでこの時期を逃すことはできませんからね。

って、ことで今回はいいサイズをゲットすることができたので記録・参考になればと思います。

では、どうぞん。

2021年3月17日

例年の千種川は、季節より少し遅れてスポーニングにはいる印象がありますが動けるバスはこの時期から活発にシャローエリアに刺してきています。

刺してきている場所にバスがいれば高確率で口を使います。

まず最初に使用したのがハスフラット。

2キャスト目に見えている状態で、痛恨のバラシ。。

そこから、何投かするが反応がないためポイントを休ませる為に場所を移動。

 

1時間くらい場所を休ませてから、ハスフラットをキャストするが反応がないためルアーをチェンジ。

使用したのは、AKチャター。

キャストし1投目で。。

初回にハスフラットにアタックしてきた同じ場所でヒット。おそらく同じ場所に戻ってきていたバスですね。

サイズは

49㌢。ギリギリ50足らずでした。

まだ、お腹の部分が膨れてないのでスポーニングのバスではない感じでしたね。

まとめ

今回は、1日久しぶりに釣りをしましたがかなり疲れましたね。笑

しかし、1日釣りして1匹だけだったのでまだまだ春瀑にはまだ遠い感じな印象はありましたね。

次回は、50アップを狙って釣りたいです。

タイトルとURLをコピーしました