自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】カットスイング!! フルスイングの新たな使い方!?

インプレ
この記事は約3分で読めます。
moto
moto

今や流行りですね

どうもmotoです。

琵琶湖で今や主流といっての過言ではない釣りがありますよね。

depsの富本プロが琵琶湖で広めている釣りがありますよ。

カバースキャットの釣りですね。

その釣りをレイドジャパンの【フルスイング】での釣りができるように、チューニングしたワームが【カットスイング】になります。

では、作り方から使い方までまとめていきたいと思います。

カットスイングとは?

出典 レイドジャパンYou Tubeチャンネル

フルスイングの5インチのテールをカットして逆付けしたものになります。

そのままですね。簡単にいうとイモグラブです。

逆付けすることにより、飛距離もでますしバックスライド演出をすることができます。

カットスイングの作り方は?

用意するものはハサミとフルスイングだけでOK!

1.テール部分をカットする

テール部分をカットしますが、カットする場所はテールとリブの境目の最後の部分になります。

またカットする時はボディーとテールを伸ばしながらカットするのがコツになります。

引っ張りながら切ることにより、まっすぐにカットできるようになります。

誰でもできるので気軽に作ることができますね。

おすすめのフックは、フックサイズは5/0になります。

勿論、他のメーカーのものでも問題ありませんし、推奨フックなので自分の好みで合わせるのがいいですね。

使い方

カットスイングの釣りの基本的なアクションは【ズル引き】

しっかりとボトムに沈めることが重要。

水深が浅い場所では、軽いアクションでも首振りアクションがでますが水深が深い場所では、大きくアクションしないといけません。

また、ズル引きをするときも止めが重要になってきます。障害物にコンタクトしたときなど食うタイミングを与えてあげるのも重要になります。

ズル引きをするときのポイントとしては、引っ張ってズル引いたあとはロッドを戻し、ラインを緩めた状態を作ることがポイントです。

使うポイントは?

  1. 飛距離を出したい
  2. 根がかりが多発ポイント 等

ゴロタが点在するポイントや、流木など木が沈んでいるポイントなどノーシンカーならではの釣りができカットスイングの出しどころとも言えます。

また、対岸など飛距離も出したいときにも逆刺しで重量があるので、かなりの飛距離も稼ぐことができます。

まとめ

フルスイングでも絶大な釣果がでているワームですが、さらに発展して考案された【カットスイング】。

状況に応じで、テールありバージョンやテールなしバージョンでの使い分けができるので使い勝手がいいですよね。

今後、この釣りが流行ること間違いなし?!

気になり方は是非、使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました