自己紹介はこちら
PR

【まとめ】ビッグベイトのテールを直す方法は?超簡単!

アフィリエイトを使用しています。

釣りの雑学
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
moto
moto

テールってよく曲がりますよね

どうもmotoです。

ビッグベイトとかのテールってよく曲がりませんか?

ビッグベイトの艶かしい動きを演出するには重要な役目になっているのが、テール部分になりますよね。

でも、テールって結構曲がったり型がついたりして動きが良くない状態になったりすることがあります。

そこで今回は、曲がったテールを直す方法をまとめていきたいと思います。

では、どうぞん。

スポンサーリンク

テールの素材

ビッグベイトのテールとして一番よく使われているの素材は【エラストマー】が使われています。

 エラストマーのメリットはとにかく丈夫なことですが、ここ最近ではワームでも使用されることが多くなってきました。

ハイドアップのコイケに使用されていますよね。

こちらで、エラストマーの素材についてまとめていますのでご覧ください。

エラストマーではなく、固い素材で使用されているビッグベイトもありますが今はエラストマーが主流になっていますよね。

曲がったテールを直す!

上記の画像の通りに、タックルボックスに少し曲がった状態で収納しているとこのように曲がった状態の形になってしまいます。

この状態でも使用することができますが、動きが悪くなったりすることがあるので真っ直ぐな綺麗な状態で使用するのがいいですよね。

まず曲がったテールを直すには【お湯・熱湯】をかける事です。

これだけで簡単に直すことができます。

鍋で沸騰前ぐらいの熱いお湯につけるのもいいですし、

僕は、T-falでお湯を沸かしてテールにかけるようにしています。T-falでもなく、ポットのお湯でも有効になります。

お湯をかけて平らなところで重めのコップを置いたりまな板とか置くと

上記の画像のように真っ直ぐにすることができます。

上記のテールは、ライザージャックのテールですが綺麗に真っ直ぐにすることができました。

購入することもできますが、テールも高いので再利用して使用するのが一番おすすめです。

まとめ

今回は、ビッグベイトのエラストマーのテールが曲がった時に真っ直ぐにする方法をまとめました。

お湯をかけたりすることで元の形状に戻るので簡単に修復することができます。

購入せずに再利用していき、出費を抑えて釣りを楽しんでいきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました