自己紹介はこちら
PR

【まとめ】僕が中古釣具をメインで購入する理由。メリット・デメリットは?

アフィリエイトを使用しています。

釣りコラム
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
moto
moto

僕は釣具は中古で十分と思っています。

どうもmotoです。

みなさんは釣具を購入するときに新品で買いますか?それとも中古で買いますか?

釣具以外の商品に関しても、中古を購入することに抵抗がある方がいるのは事実ですよね。

僕は、まったく抵抗ありませんし欲しかったものが安く手に入ることはお小遣いが少ないパパアングラーにとってはかなり助かりますよね。

また、SDGの中でメルカリやヤフオクの需要がかなり高くなってきているので時代の流れとしては、中古はまだまだ伸びるジャンルかなと思います。

そこで今回は、釣具を中古でメインで購入している僕が釣具の中古を購入するメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

では、どうぞん。

スポンサーリンク

釣具の中古を購入する理由

僕が中古を購入する理由はまず、物価高騰による釣具の高騰があります。

今の時代、ルアーが2千円することが普通ぐらいの時代になりましたよね。昔は、千円あれば購入することができましたが、引っかかって無くなるかもしれないリスクを考えると新品で購入することができなくなりました。

あくまで僕の中では、釣具は【消耗品】としているため無くなることが前提で考えています。

特に、バス釣りにおいてはおかっぱりがメインになるのでルアーが無くなるリスクはかなり高くなりますよね。

例えば、新品のルアーを二千円で購入するより、中古で千円でルアーを2個買った方が釣りのスタイルも広がると考えています。

その中でも、タックルボックスなんかは中古が一番!

使用する頻度が多いですし、ルアーを収納するだけでしたら中古で安いやつを買うのがベストですよね。

また、中古は一期一会。巡り合いとタイミングでほしかったものが見つかった時の感動は結構嬉しんですよね。

釣具を中古で買うメリット

上記のように、異常なくらい安い商品も出会うことができます。

上記の12アンタレスだと普通に中古で買うと1万円超えてきますが、こういう一期一会で巡り合いがあればこのように安く購入することができます。

また、中古の中でも自分で見て判断して購入できるので、自分が許せる範囲で商品を購入することができます。

なので、一つの釣具の購入コストを下げることにより、他の釣具を購入できる幅が広がると考えています。

中には、未使用品もありますし人の手に渡ったものは中古品扱いになりますのでs新品でも中古価格で購入することができるので、実質新品で購入することができますうよね。

釣具を中古で買うデメリット

中古で買うデメリットは、釣具の中ではリール・ロッドは購入時にかなり注意が必要かなと思います。

リールやロッドの知識がある方は問題ないと思いますが、知識があまりない方にとってはリールとロッドの中古での購入は控えた方がおすすめです。

理由としては、ロッドに関してガイドに傷が入っている可能性もありますし、ブランクスに致命的なクラックがはいってしまっている可能性が見抜けるかどうかです。

またリールに関しては、分解されていて内部の部品だけ取られている可能性があります。これは、ねじ山などを見ればリールをバラしているかが判断できますのでリールの知識が必要になります。

僕も実際に、中古でリールを購入した際にスプールの軸が若干曲がっていたりとか、軽かったコンクエストDCを中古で購入した際に、DCユニットが壊れていたとかあります。

なので、リールやロッドは金額も高くなるので中古で買うには知識が入りますし、慎重にならなければなりません。

まとめ

釣具を中古で買うには、メリット・デメリットが確かにあります。

しかし、しっかりと見極めができて、人に手に渡ったものに抵抗がない方は中古で釣具を購入するのをお勧めします。

釣具は【消耗品】と捉えている方にとっては、中古釣具を買ったり、新品と使い分けて購入するのがいいかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました