自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】ジャッカル NAGISA/ナギサでI字で”i”を極める!

インプレ
この記事は約6分で読めます。
moto
moto

動画は衝撃でしたね

【i】字系ルアーを中々使用する機会がなかったのですが、今回かなり気になる商品がジャッカルから気になる商品が発売されましたね。

moto
moto

なんじゃこれぇ!!!!

って、動画をみたのですが最初に紹介しておきます。

巨大バスがルアーを見に来たのでワザを使って食わせる!

まずこの動画を見てください。

これを見て購入しようと決めました。上手に撮ってるってわかっていますがなんせ購入欲を沸かせられました。

そう、ジャッカルから新発売された

NAGISA/ナギサ

発売前から注目されていた商品で、すでに手に入らない状況みたいですね。

今回は、ジャッカルのNAGISA/ナギサのレビュー・インプレや使い方をまとめていきたいと思います。

では、どうぞ。

ジャッカル NAGISA/ナギサ

スペック

Name NAGISA 65SP
Length(本体/テール含む全体) 65mm/97mm
weight 3.8g
type Suspend
Hook Size RB-M#12
Price ¥1,760(本体価格)

カラー

発売された2020年でのカラー総数は10種類になります。

  1. HALF MIRROR WAKASAGI / ハーフミラーワカサギ
  2. SEXY CLEAR PINK / セクシークリアピンク
  3. NAMA SHIRAUO / ナマシラウオ
  4. PINKY CHART CROWN / ピンクチャートクラウン
  5. SK NATURAL WAKASAGI / SKナチュラルワカサギ
  6. SK SECRET BAIT / SKシークレットベイト
  7. SK DARK THUNDER CLEAR BAIT / SKダークサンダークリアベイト
  8. SK CLEAR MAGIC BAIT / SKクリアマジックベイト
  9. RT UROKO HL WAKASAGI / RTウロコホロワカサギ
  10. RT MIRROR KASUMI WAKASAGI / RTミラーカスミワカサギ

関連動画

【バス釣り】“I字“ を極めるプラグ。“ナギサ65SP” PV / 加藤誠司

【バス釣り】“I字“ を極めるプラグ。“ナギサ65SP" PV / 加藤誠司

巨大バスがルアーを見に来たのでワザを使って食わせる!

巨大バスがルアーを見に来たのでワザを使って食わせる!

特徴

スタビライザー搭載

リアフック部分に設けられたスタビライザー(フィン)は、どんなスピードでもI字アクションを崩さずに、一定レンジをキープできます。

また、スローリトリーブによりi字で最もホットなレンジである水面直下(〜15㎝まで)の範囲を攻めることができます。

ソフトマテリアルテール

食い合わせの能力が高く、「微波動」で追ってきた魚のバイト率を向上させます。リアフック部分のフィンと、ソフトテールの組み合わせによりアクションの乱れを抑える効果もあります。

リアルダイイングアイ

瀕死状態の小魚の弱々しい目玉を忠実に再現されています。

ワカサギや小鮎を想定したフィールドを問わずに使える微妙なサイズ感とシルエットを再現している為、どのフィールドでも対応できるようになっています。

重量は

公式では、【3.8g】となっていますが僕が持っている軽量計では【4g】になっているので公式通りの重量になりますね。

かなり軽いルアーになりますね。

テールの交換が可能

ナギサ テール取り付け動画

ナギサには、予備のスペアテールが一つ付属されています。テールが切れてしまったりクセがついた場合には交換が可能になります。

実際に交換使用と思ったのですが、まだ痛んでないので交換するにはテールを破棄しなければならないので今回は、ジャカルHPからの引用をさせていただきますのでご了承ください。

傷んだテールを取り外したボディとスペアテールを準備します

引用 ジャッカルHP

スペアテールが曲がっているとアクションに支障がありますので、癖がつかないように保管してください。

後部よりスペアテールの先端部分を通します

引用 ジャッカルHP

テールがしっかり収まったら、下穴から引っ張って位置を整える

引用 ジャッカルHP

抜け防止のズレ止め部分までボディの外に抜きます。

位置を調整し、ズレ止め部分の先端をカット

引用 ジャッカルHP

ズレ止め部分のギリギリの位置でカットしてください。余りの部分が大きくなると水の抵抗を受けてアクションに支障をきたしますので、ご注意ください。

タックルは?

重量が【3.8g】とかなり軽量なルアーとなる為に、スピニングタックでの使用がおすすめになります。安定してキャストできますし、フィネスタックルよりか狙えるポイントをしっかり攻めることができると思います。

個人的には、PEラインでの使用がおすすめになります。キャスト距離ものびますし、リーダー次第ではタイトなポイントも攻めることができます。

使い方は?

ナギサの基本的な使用は【ただ巻き】。ゆっくりスローリトリーブするだけでOK。また、チェイスがあった場合やポイントによってはアクションを加えたりすることで弱った小魚を演出します。

しかし、ナギサは水温12度でサスペンドするように使用設計されています。

ラインの太さや素材、水温で浮き沈みが変化する場合はウェイトを貼るか、スプリットリングのサイズ変更やフックサイズの変更で調整します。

水温12度でサスペンっどするように設計。ライン素材・太さ・水温でサスペンドしない場合や、シンキングにしたい場合は、スプリットリングや板重りやフックサイズで調整。
スローシンキングモデル仕様も面白いですし、2種類持って使用すればバスの違った反応が見れるかもしれませんね。
ライトワーム的な要素とハードルアー要素が組み合わせったルアーになるので、見えバスにも効果的ですね。

まとめ

動画を見て衝撃的だったジャッカルのNAGISA/ナギサ。スレたバスに効果を発揮でき”i”字の最高傑作と言っても過言ではありません。また、発売から大人気ルアーで通販サイトや釣具店舗でも中々手に入らない状況ですが、早く安定して供給してほしいですね。

NAGISA/ナギサ おすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました