自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】レイドジャパンG.Iでライトなビックベイトライフ

レイドジャパン
moto
moto

かなりいいよ

どうもmotoです。

レイドジャパンから発売された、ビックベイト?

いやライトなビックベイトG.Iがかなり優秀で使い勝手がいいルアーとなっています。

実際に使ってみて、あらゆるポイントで使用できるルアーとなっているG.Iは持っていて損はないと思います。

そこで今回は、レイドジャパンのG.Iについてまとめていきたいと思います。

では、どうぞん

レイドジャパン G.I【グラビティーインパクト】

 スペック

  • Length: 94.0mm  
  • Lure Wt.: 1.1/4oz. class
  • 潜行深度:1.5mレンジ

カラー

2022年現在公式で発表されているカラー総数は全8種類になります。

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI001-SHIKKOKU

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI002-SHIMANASHI

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI003-PINK TRICK

出典 レイドジャパン公式HP

GI004-LEMON POWER

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI005-PEARL SHAD

  • GI006-BLACK BB

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI007-CHI GILL

出典 レイドジャパン公式HP

  • GI008-FROGMAN

関連動画

レビュー

コンパクトジョイントベイト

G.Iは最小限のタックルで釣行するスタイルを維持するために開発された、リップ付きビックベイトになります。

コンパクトジョイントベイトの位置付けとなっており、MH【ミディアムヘビー】 ロッドで使用できるコンパクトサイズとなっています。

METAL PLATE LIP

G.Iのリップは金属リップが搭載されています。金属リップがウェイトの役割を果たしています。そのおかげもあり、カバー際の急潜行をアクションを演出できます。

また、リップ破損も解消できています。ミスキャスト時などの時に破損する可能性も低くなっています。

エラストマテール

G.Iのクビレを設けた特殊設計のエラストマテールは、もうひとつのジョイント関節として機能しています。

スイミング時にしなやかに曲がるためクネクネとした柔軟でなまめかしい泳ぎを実現しています。

※車内など高温の場所ではテールが溶ける可能性があります。
moto
moto

スペアーテールが一つ付いているのでありがたいですね。

チューニング

テールスウィング作り方

出典 レイドジャパン公式YouTube

テールスウィングのチューニング方法ですが、【フルスウィング3.5インチ】を用意します。

 

出典 レイドジャパン公式YouTube

出典 レイドジャパン公式YouTube

カッターで作ることもできますし、ハサミでも制作することが可能です。カッターで作る方が細かく作ることができますね。

出典 レイドジャパン公式YouTube

出典 レイドジャパン公式YouTube

出典 レイドジャパン公式YouTube

切ったフルスウィングを差し込み、ネジで止めたら完成です。差し込んでいるだけなので耐久性はそこまで良くないですがある程度ストックを作っておくほうがいいですね。

TEBUREの作り方

出典 レイドジャパン公式YouTube

ZAPPUのTUNING BLADEを用意します。

出典 レイドジャパン公式YouTube

出典 レイドジャパン公式YouTube

出典 レイドジャパン公式YouTube

ネジを外してつけるだけなので簡単にチューニングすることが可能ですね。

チューニングブレードも300円程度で購入できるので、安価にできる点もいいですね。

インプレ

公式では、MHのロッドでも使用できるようにと記載されていますがメーカーによって硬さが違うので合う ロッドを使用しましょう。

僕は、H【ヘビー】クラスの ロッドが使いやすい印象がありましたので疾風琵琶湖SPECや疾風七五で使用しました。

アクションも【チョンチョン】アクションがしやすく首振りのドッグウォークが綺麗に演出できました。

アクションもゆっくりただ巻きすることで、クランキング的に使用することができますしなんと言っても、アクションが最高!

ストラクチャーからバスを呼ぶ感じの印象は受けました。
moto
moto

【実際にカバーからバスが出てきてバラしました笑】

チューニングをすることでさらに違った遊び方もできるので、豊ボーイさんが発明するチューニングはすごいですね!

取り扱い時の注意

リップ部分が金属でできているので、このようにバッド部分にリップがあたることで傷がついたり、ラインにも傷がつく可能性があります。

なので、リップ部分がロッドのバッド部分やラインに当たらないようにすることが重要です。

ロッドのエンド部分付近にルアーをかける場所を作れば傷がつかず安心して持ち運ぶことができます。

moto
moto

リップ部分がボトムに当たって、ザラザラしている時は特に要注意です。

まとめ

レイドジャパンから発売された、コンパクトジョイントベイト【G.I】はビックベイト好きでない方も使いやすいルアーとなっています。

圧倒的場面で使用できる場所が多いですし、チューニングによって遊び方が変わる点もワクワクしますよね。

ぜひ、この機会にG.Iを使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました