自己紹介はこちら
スポンサーリンク

8月31日釣行記 千種川 中流域流れ込み

千種川
この記事は約3分で読めます。
moto
優しい愛にい包まれたい。どうもmotoでえす

 

連ちゃん釣行中ですが今回も、昨日同様千種川に行ってまいりました。

 

千種川釣行記はこちら。←※クリックすると一覧に飛びます。

 

今回行ったのは、前回と同様の場所より少し下流部分のポイントになります。


釣行

こちらのポイントは、JR高架下の流れが急な部分から緩やかになり、ワンド上になっているポイントです。

 

数年前にも釣行していますfが、中々バスの姿を確認することは難しかったですが、前回釣行するとバスの生命反応がしっかりと

 

確認できましたので日を改め釣行してきました。

 

目の前のテトラ部分は、目視できる部分で無くなっておりその下は砂利になってます。

 

また、いくつかウィードが存在していますがこれといったウィード群がないのが特徴です。

 

 

勿論、子バスちゃんたちは見えてますけどね♡

 

たまに、テトラの中から出てくるまぁまぁサイズのバスが居るので、見えた瞬間にアプロ―チします。

 

40センチのバスを発見し、メガバスエクスプローズでアプローチ。

 

はい、バレました。←そんな感じはしてました。

 

で、そこからまぁまぁサイズのバスが見当たらなかったのでこちらでお遊び。

 

常吉ジグヘッドワッキー

 

入れ食いとまではいきませんでしたがシェイクを激しめに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

これと

この二匹のみとなりました。


バスは釣れているんですが、中々デカバスに出会えていません。。。

 

デカいルアーを使って釣れる場所でもないので、慎重に探っていますみたいなことを言ってみる。

 

次回も、千種川を予定していますのでタックル変更し釣行してきます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました