自己紹介はこちら
スポンサーリンク

【インプレ】メガバス エヴォルジオン ディアブロ・ステージ3

インプレ
この記事は約4分で読めます。
moto
moto

今回は簡易インプレだよ

どうもmotoです。

メガバスロッドの中でもオールマイティーロッドとして有名なのは

【ディアブロ】

 

ですよね。これは、メガバスのロッドを使っている方は知っていると思いますが今回インプレするのは

 

F5・1/2-68Ti DIABLO STAGEⅢ

【エヴォルジオン ディアブロ・ステージ3】

メガバスの中でも人気のロッドですのでどんな釣りに向いているのか書いていきたいと思います。

F5・1/2-68Ti DIABLO STAGEⅢ

スペック

  • LENGTH:6フィート8インチ
  • TAPER:REGULER
  • LURE Wt:1/4-1oz
  • LINE Capa:8-22Lb

商品説明

歴代のディアブロの血統、マルチ・パワープレイングシャフトとしての素性にさらなる磨きをかけています。
バイブレーションXウルトラ、DEEP−Xシリーズ、1/2oz.オーバーのスピナーベイト、スパークシャッド、ワイルドヘッダーなど、ミッドレンジからディープコンタクトにかかる高い水圧の世界をC40ハイブリッドタイタニウムシャフトが余裕のトルクで受け止め、快適なパワーゲームを展開。
ハイパワーシャフトがティップからバットまでよどみなくスムーズにベンドするレギュラーテーパーによってド級のトルクを絞り出すのは、やはり、オリジナルディアブロならではのもの。
リーズエリアやライトマットを小型フロッグやノーシンカーワームで撃ち込むライトピッチングゲームでも、今度のディアブロはさらなるバーサタリティを発揮。
歴代のディアブロ同様に、ヘヴィアクションロッドの快適性についてとことん追求したモデルです。

インプレ

見た目

特徴的な部分では、リール固定部分の【ITO CRAWGRASP・ヘッドロッキングシステム】

個人的には、メガバスらしいぁって印象を受けました。キャスティングに関しては全く関係ない点ですが見た目の点としてはgoodですね。

また、ロッドはシルバー?鼠色を基調としているので通常のロッドより見新しい印象を受けますね。

総ガイド数は9個。マイクロガイドは搭載していません。個人的にはマイクロガイドが好きなのですが

【デストロイヤーシーリーズ】だとマイクロガイドを搭載していますね。

軽さ

現在発売されている各社のメーカのロッドも、軽量化され扱いやすくなっていますが、ディアブロもかなり軽い分類になると思います。

リール自体のバランスを考えて使えば、かなり快適に使えます。

使用感

リールは主にメタニウムMglを使用しラインは16lb。

ディアブロはMHクラスのレギュラーアクションになります。

MHクラスのロッドの中でも、比較的硬く【シャキッ】とした使い心地になります。

ティップ部分からバット部分にかけて硬さを保っているため、比較的重めのルアーも扱うことが可能ですし、ジグ使用時のウィード切りをしっかり切ることができます。

1oz越えのジョインテッドクロー148(1.3oz)ならキャストすることができます。(もちろんフルキャストはできません)

逆に、しっかりとした硬さがありロッドの反発がない為、軽いウェイトのルアーをキャストすることは難しいですね。

感度

感度に関しては、正直【可もなく不可もなく】。

これに関しては、かなり個人差が出てきそうですが僕は【感度いい】って思ったことはありません。

おかっぱりにはおすすめ!しかし。。

僕自身、基本天気におかっぱりがメインでのアングラーなのですが、このメガバス ディアブロステージⅢが1本あれば困ることはないはずです。

また、巻物からジグものまでしっかりと扱えれるロッドになっています。

おかっぱりで困ることがないロッドがディアブロステージⅢ。

上記で説明した通り、感度にかんしては【感度いいよ!】とは言えませんので

メガバスが好きな方で、オールランドおかっぱり1本で釣りをしたい方にはおすすめかなと思います。

ロッドにこだわってる方には、正直楽しくないロッドかもしれませんね。

まとめ

今回インプレした、【F5・1/2-68Ti DIABLO STAGEⅢ】メガバスロッドの中では人気ロッドですし、メガバス1本でお困りの方はディアブロはおすすめだと思います。

価格的には少し高価ロッドにはなりますが、中古相場も3万円で購入できます。

ガンガン使っていけるロッドになっていますよ♬

タイトルとURLをコピーしました